カテゴリー:ジャンプの記事一覧

漫画なしでは生きていけない!

漫画のネタバレや感想がメインです!

カテゴリー:ジャンプ
Dr.stone(11巻)のネタバレと感想!
Dr.stone(11巻)のネタバレと感想!

スポンサーリンク         Dr.stoneのあらすじ     突然全世界の人間が謎の光によって石になってしまった。事件から3700年後、主人公石神千空(いしがみせんくう)は一人復活した。文明のない石の世界(ストーンワールド)でどう生き抜いていくのか。     スポンサーリンク         Dr.stone(11巻)のネタバレ(89話~97話)!     ■Z=89 冒険者たち     ついに気球を手に入れて大空に飛び出した石神千空(いしがみせんくう)・七海龍水(ななみりゅうすい)・クロムの三人。     クロムは初めての空に泣いて興奮する。     今回のフライトのゴールは石神村。     歩いて二日はかかる道のりを風の力を使えば二時間で着けると、現代人の二人は言いクロムを驚かせる。     ただ西に位置する石神村へのフライトは簡単にはいかないようだ。     その理由は日本の空は東に向かう風が吹き続けているからだった。     しかしそこはフライトの得意な龍水。     「低気圧だ!低気圧は反時計回り。捕まえれば西に行ける!」     自らを冒険のプロと言った龍水に対し探索王のクロムが闘志を燃やす。     陸の冒険には自信のあるクロムが言う。     「陸では大体、川に沿って風が吹いているもんなんだよな」     冒険のプロ同士の意地の張り合いだ。     そんな意地の張り合いをしていると、ここで風向きが変わり三人の前に姿を現したのは、巨大な雲の魔人『積乱雲』。     その姿はまさに龍そのものだった。     そうこうしている間に気球は積乱雲に飲み込まれていく!     上昇気流に捕まってしまったのだった!     千空は考える、「科学の持ち駒は何か?」と。     流水は叫ぶ、「見つけてやるぜ!風の穴を!!」と。     クロムは思い出す、それはかつてクマに出くわした時のこと。     クマから逃げずに立ち向かい追い払った際の自分の恐怖に打ち勝った時のことを。。。     クロムが突然気球に火をくべようとする!     「全力で突っ込んで!ぶち抜くしかねえだろ!!」     自分でも不安なクロムですが、意外にも現代組はクロムの意見に賛同した。     そうと決まれば千空は速い!石化復活液を炉に投げ込む。     次の瞬間、一気に液体が爆発し、気球は暴風雨の中を急上昇した!     見上げながら龍水が「この世界の空も俺の物だ!!!」と叫んだ瞬間だった。     ドッ。。。。     石神村にいたコハクが空に浮かんだ気球を発見する。     見事積乱雲を乗り越え石神村に戻って来た三人。     互いを認め合った龍水とクロムのハイタッチの音が大きく空にこだました。     スポンサーリンク         ■Z=90 NEW WORLD MAP     空の旅から戻った三人を村のみんなが出迎える。     千空の石神村凱旋ということで豪勢な料理が用意されていた。     ただ、料理のメニューといえば魚と野菜ばかり。。。     魚と野菜だけではなく肉も食べたい龍水は、空から地上を探索し食料を見つけることに固い決意を語る。     相良油田での石油採取のため探索が決行されました。空からの探索ということで、11.0と視力の高いコハクが選ばれた。     コハクも初めての空のため、はしゃいでいた。     地上からは携帯電話を背負ったクロムと西園寺右京(さいおんじうきょう)が気球を追う。     油田までの道のりで、千空たちはこの世界のワールドマップを作成しつつ進んでいく。     その途中、建築材になる杉林やヤギの群れなど、お宝ポイントがマップに書き加えられていく。     それはまるでゲームさながら。     この地図には村のみんなも驚き、持ち帰った食料に涙を流す者もいた。     村人のその涙の理由は過去にある。     石神村の人々が今まで増えなかった理由、それは食糧問題だった。     コハクいわく、不漁の年には大勢の村人たちが亡くなったとのこと。     「狩猟には限界がある、増えるには農耕しかない」と千空は言う。     自称世界一欲張りな男、龍水が宣言した。     「空からタネを見つけるぞ!農耕を始める!!」     クロムの携帯電話が鳴った。     「沿岸部に何か生えている!」     クロムと右京がたどり着いた先には、一面黄色い小麦の絨毯が広がっていた。     ついに人類は小麦を手に入れた!     いざ、食料革命!!!     スポンサーリンク         ■Z=91 パンが無ければ麦から作ればいいじゃない     ついに小麦を手に入れた千空たち。     石化の謎を解くための大航海にはパンという保存食が不可欠。     ただ小麦を増やそうにも石神村のような山間部では、水はけも悪く小麦が育たないようだ。     そこで目を付けたのが関東平野。     地道に保管している石像も相当たまっていた。     しかし、むやみに復活させれば食糧問題につながる。     打開できる道は農耕のみ。自らで食糧を作り出すしかない。     畑を耕すとなれば体力バカの大木大樹(おおきたいじゅ)が活躍する。     そこに小川杠(おがわゆずりは)が麦わら帽子を作ってきた。     麦わら帽子を掲げ、食糧王の王冠だ!と大げさに言い出したのは浅霧幻(あさぎりげん)。     ただ杠はその発言に何かあると気づく。     そう、それは陽(よう)とマグマを焚きつけるための演出だった。     まんまと乗せられて張り合う陽とマグマ。     大樹も体力では負けていませんが作業を辞めない大きな理由がある。     実は、大樹の家族は大樹が小さいときに亡くした。     もう自分の家族は戻らない、だからこそ皆の家族だけは必ず救うという強い決意がある。     そのためにも、麦とパンはみんなを救う第一歩だった。     そしてついに畑から小麦が芽を出す。     そのなかでも大樹の畑は他に比べ青々と茂っている。     大樹の畑が他より青々と茂っている理由は、貝殻の粉末を撒いていたからだった。     大樹が食糧王の王冠を被るころには一面の小麦畑ができていた。     さて、小麦ができたらさっそくパン作り。     しかし石の世界初のパンは、なんと真っ黒こげ。。。     それでも、現代組以外は美味しそうに食べていた。     まともな食糧にならないと考え、千空と龍水は口を揃える。     「プロのシェフを叩き起こす!!」     スポンサーリンク         ■Z=92 欲しい=正義     「欲しい!!」龍水の叫び声がこだまする。     プロのシェフが欲しい、ただ石化復活液の在庫はないと千空が言う。     ただ龍水には石化復活液を持っていそうな人間に心当たりがあった。     石化復活者の選定役だった女記者、北東西南(ほくとうざいみなみ)。     一人分ぐらい持っているはずだと睨んだ龍水に協力する形で幻が巧みな話術で北東西南から復活液を出させた。     さて、復活液が手に入ったところで一体誰を起こすのか?     自分の執事であったフランソワを起こすと龍水が言う。     「奴なら食料ではなく、皆の欲しい食事を創り上げる!!」     若い女性であるフランソワに復活液をかけるのは杠。     杠がフランソワの石像に復活液をかけるとみるみるうちに復活する。     復活するやいなや、フランソワは杠が用意していた服を無言で着こなし、すぐに龍水を探し始めた。     ほぼ二日間歩き通して龍水の元にたどり着いたフランソワ。     真っ黒のパンを見て愕然とする。     龍水からのオーダーは「10か月腐らないパン」     そのオーダーに答えたフランソワの出したメニューは「ヤギの恵みのシュトーレン」という菓子パンだった。     ヤギの乳からバターを作り、ドライフルーツをアルコール漬けにして保存できるようにし、パン生地が出来上がりいよいよ焼きの行程だった。     フランソワは執事として一言     「欲しい=正義です」     こうして現代の有名パン屋とそん色ないものが出来上がった!     パンを手に入れた!!!     スポンサーリンク         ■Z=93 一枚目はあなたに     フランソワが来てからというものパン作りが本格化した。     ただ、フランソワの復活液を提供した北東西と復活液の交換条件として千空は、実はある物を作る約束していた。     その約束のものを作るためには、細かい細工のできる職人のカセキが必要不可欠だった。     ただ、老人であるカセキには少しばかり厳しい道のりかと思われたが、カセキは「スチームゴリラⅡ」を完成させていた!     ダブルピストンで坂も上れる自動車に進化している。     千空から制作内容を聞き、早速作業を始めるカセキ。     その間に千空はまず鏡を作る。     しかし、これはただのフィルムだった。     カセキの作った本体と合わせて完成したのは人類史上最古のカメラだった。     北東西は感激し泣きながらこう言う。     「新世界の記録は、私が0から撮るから!」     そんな感激も束の間、北東西の感動をよそに実は千空はカメラを大量生産していた。     カメラを大量生産させていた理由、それは航空写真のためだった。     「せめて一枚目は私に撮らせて!」と北東西が言う。     龍水の意見で一枚目のモデルは千空になった。     千空は様々なポーズを取りましたが一向に決まらない。     そんな中、フランソワが意見する。     「世界一有名な科学者のポーズはどうでしょう?」     かくして新世界一枚目の写真はアインシュタインのポーズとなった。     カメラを手に入れた!!!     スポンサーリンク         Z=94 黒い宝石の香り     航空写真で油田を見つけ出す。     冬になって雪が積もってしまえば空からではわからなくなってしまうので、とにかく千空たちは写真を撮り続けていた。     季節はすっかり秋になった。     実りの秋、そう、ついに小麦の収穫時期。     主食を手に入れ、食が安定してきたところでまたも世界一欲張りな男が言う。     「レストラン・フランソワの開業だ!!」     龍水は、とにかく高級料理をと言いますがフランソワは決して無理という言葉は口にしない。     フランソワが選んだメニューは「黒トリュフの牡丹肉リエット」。     食材探しには、石神村周辺に最も詳しいスイカが同行する。     スイカの協力もあり、さっそくイノシシを捕獲した。     次にトリュフを航空写真から見つけようとコハクが写真に目を凝らすと、何やら黒いシミが見つかる。     千空はそれを相良油田から染み出た石油と判断した。     レストランチームの二人はイノシシを使ってトリュフを探していた。     二人は苦労の末、遂にトリュフを発見するのだった。     一方油田チームはなかなかたどり着かない。     千空には何か引っかかっていることがあった。     そして閃く。     「イノシシだ!」     そもそも相良油田が初めて発見された時も、油臭いイノシシの後をつけて油田が発見された。     その頃、レストランチームは今まさにイノシシの調理に取り掛かろうとしている。     少々油の香りのするイノシシを。     スポンサーリンク         Z=95 ファーストコンタクト     レストランは一時中断し、イノシシに案内されるままみんなでついていくと、黒い水たまりに行きつく。     火をつけると燃え上がった。     相良油田発見した。     石油を手に入れた!!     石油を手にいれられたご褒美として、イノシシは食べられることもなく、スイカの友達になった。     さて石油を手に入れてさっそく千空はモーターボートを組み上げる。     実は石化前に千空が最後に作ったのがペットボトルキャップから作ったガソリンだった。     新世界でついにそこまで追いついた。     ここからは追い抜いていく。     ボートは勢いよく海に飛び出したのだった。     さて、陸などすぐに見えなくなり見渡す限り海だけになった。     その光景に感動するクロム。     千空が正確な座標が欲しいと言い出す。     「GPSを作る」     人工衛星の代わりに灯台から強力な電波を発信し受け取るというものだった。     あっという間に灯台が完成し、洋上で灯台からの交信を受ける事に成功する。     と、その時なにやら別の電波をキャッチ。     聞き取れない雑音に幻が気づく。     モールス信号?     「W。。H。。Y。(何故)WHYWHYWHYWHYWHYWHYWHYWHYWHYWHY     スポンサーリンク         ■Z=96 科学の眼     鳴り響くモールス信号に千空が語り掛ける。     「テメーか?人類石化の黒幕は?ようやく会えたな!」     村ではあれは誰だったのか?という話で持ちきり。     生き残りの別グループか?漂流船からの救難信号か?     考えてもわからないことは、頭のいい人たちで考えましょう、という事で『科学王国戦略会議所』が設置された。     メンバーは、千空・龍水・右京・幻・クロムの五人。     相手は正体不明、千空の言葉にも反応なく、どこにいるのか、どこから来るのかも見えない敵。     またしても千空が閃く。     「見えねえ敵を見てやるよ。科学の眼でな!!」     さっそく千空はクラフトに入る。     閃亜鉛鉱を水で溶いて三角フラスコに沈めると蛍光塗料が出来上がる。     そこに熱電子を当てると光りだした。     ブラウン管の出来上がり。     さらに水晶の特性で正確な振動を与え、電波のアンテナを繋げるとレーダーの完成!     さっそくレーダーをボートに搭載し出発、いよいよ科学の船になってきた。     人類最大の武器は情報通信。これでホワイマンを探し出す。     千空の推理はこうだ。     「動いてる俺らを見た第一声がWHY。石化の謎に絡んでんだろ!」と言っていると、海中の大きな動きをレーダーが捉えた。     レーダーは魚群探知機にもなるのだった。     千空たちは大量の魚をゲットした。     レーダーとソナーを手に入れた!!     スポンサーリンク         ■Z=97 楽しい帝王学     レーダーとソナーを使い、まずはホワイマンを探すことを目標に決めた一行。     村に戻ると大量の魚を使い、レストラン・フランソワがオープンしていた。     食事をしながら千空たちは実際の船出の際に必要なエンジンの数などを計算する。     いよいよ発明の規模も大きくなってきた。     鉄も石油もたくさん使う、工業の世界に踏み込むことになる。     レーダーとソナーを見つめるクロム。     鉱石を探すのにも使えるのではと考え試してみると、レーダーは反応した!     すぐに得意の素材探しにクロムは飛び出す。     やってきたのは、かつてみんなで雷を捕まえたあのはげ山。     色々探索し、クロムは地中にレーダーを垂らしてみると大きな反応が出た!     携帯電話ですぐに皆に報告。     実はその場所は鉄鉱石の鉱床だった。     鉱山を手に入れた!!     改めて科学の面白さに胸を熱くするクロム。     さて、今までと比較にならない量の資源が手に入り、いよいよ物流網を敷く必要が出てきた。     と同時に、皆の力を率いるリーダーの存在も必要になる。     この世界には誰よりも楽しんでいるリーダーがすでにいる。     リーダーはすでにトロッコを完成させていたのだった。     スポンサーリンク         Dr.stone(11巻)の感想(89話~97話)!     今度の巻も様々な発明が飛び出しました!     今までよりも、現代的なものが多く出てきました。     特にソナーとレーダーはこれからの航海に重要なアイテムですね。     また物語も大きく進みました!     ホワイマンの存在が不気味ですね。     これからの展開が気になります。     クロムが改めて科学の面白さに気付くところも、これからのクロムの科学者としての成長に大きな影響を与えてくれそうです!     発明の規模もきっと大きくなってくる12巻は2019年9月発売だそうです!     スポンサーリンク         Dr.stoneを無料で読む方法     ネタバレもいいですが、やっぱりイラスト付きの方がいいですよね?     そんなあなたに私がいつも利用している電子書籍を紹介します♪     しかも!!     無料で読めちゃうんです!!!     無料で読むなら私も利用している「U-NEXT」がおすすめ♪         →→ U-NEXTをとりあえず覗いてみたい方はこちら       「U-NEXT」はアニメ・ドラマ・映画など、10万本以上の動画配信サービスをしています。     そんな「U-NEXT」で、実は漫画も読むことができるのです!!     しかも新規登録から31日間は無料で読めます!!     31日以内に登録を解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができちゃうんです♪     私みたいな漫画好きにはたまりませんね(笑)!     もちろん、利用してそのまま続行していろんな漫画を読むのも良いですよ!     ただ、最新巻などを読むときはお金がかかってしまいますが、今なら特典で600円分のポイントが貰えますよ。     とてもお得なので、お試しあれ♪     気になった方は今すぐ「U-NEXT」で「Dr.stone」と検索検索♪     →→ U-NEXTで「Dr.stone」を無料で読む   ... Read More | Share it now!

僕のヒーローアカデミア(第223話)のネタバレと感想!-異能解放軍、ついに動き出す!!-
僕のヒーローアカデミア(第223話)のネタバレと感想!-異能解放軍、ついに動き出す!!-
スポンサーリンク

 

 

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

僕のヒーローアカデミア(第222話)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

死柄木 VS ギガントマキア

 

僕のヒーローアカデミア(第223話)のネタバレ!


 

 

前回、死柄木はドクターの全面協力を得るための条件として、ギガントマキアを従えなければならなくなりました。

この記事の続きを読む

僕のヒーローアカデミア(第222話)のネタバレと感想!-死柄木の過去が明らかに!!-
僕のヒーローアカデミア(第222話)のネタバレと感想!-死柄木の過去が明らかに!!-
スポンサーリンク

 

 

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

僕のヒーローアカデミア(第221話)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

死柄木の想いとは?

 

僕のヒーローアカデミア(第222話)のネタバレ!


 

 

前回ドクターに会い、ドクターから試すようなことを言われた死柄木ですが、自分はオール・フォー・ワンとドクターに会う以前のことをよく覚えていないと言います。

 

 

なのに、皆を身につけると怒りが沸々湧いてくると体につけている手を持ちながら言います。

この記事の続きを読む