弱虫ペダル(第529話)のネタバレと感想!-声援は意外と届くものです!-

チャンピオン
スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

弱虫ペダル(第528話)

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

弱虫ペダル(第529話)のネタバレ!


 

 

先頭で走っている真波。

 

 

遂に委員長の近くまでやってきた。

 

“さんがく”と真波を呼ぶ委員長。

 

 

だが、周りの声にかき消されてしまう。

 

 

去年のインターハイと同じ状況だと叫ぶ観客達。

 

 

大歓声の中、”どうしよう。さんがくもう来ちゃう!!”と焦る委員長。

 

 

自分は、背も小さいから発見されないし、声も届かないだろう、と。

 

 

しかし、走っている真波の表情を見て、”さんがくは今真剣に闘ってる、1年間の思いを遂げるためにたった一人で頑張ってる、だったら私も応援するだけでいい”、と。

 

 

届かなくても発見されなくてもいい、そんな思いからありったけの力で真波に叫ぶ委員長。

 

 

“勝ってさんがく!!”と。

 

 

すると、委員長の前を通過する時、頷いて走っていく真波。

 

 

委員長の声は真波に届いていた。

 

 

走りながら、何故こんな大勢いる中で委員長の声を聞き分けれたのか考える真波。

 

 

すると、ある一つの結論が出てきた。

 

 

“この1年、委員長にたくさん話きいてもらったからな”、と。

 

 

そして、委員長の”勝って”という言葉に、”当然だよ。オレー、それをしに来てるんだ!!”と言って加速し、坂道を引き離していく。

 

 

その後を追う坂道。

 

 

坂道を見つけ、 “来た、来た息子!!”と興奮したように言う坂道の母。

 

 

そして目の前に来た坂道の真剣な表情を見て、息子の頑張りを感じた坂道の母。

 

 

今すぐ汗を拭いてあげたい、でもきっと今の息子なら遠慮するのだろう。

 

 

だから声をかける。

 

 

“追いかけなさい坂道!!”と。

 

 

その言葉に、無意識に”はい!!”と言って走って行く坂道。

 

 

坂道を見送った坂道の母。

 

 

持っていたスマホを確認すると、坂道ではなく、地面の写真が沢山取れていた。

 

 

走りながら、”今、母さんみたいな声がした。思わずつられて”はい”って言ってしまった”と思う坂道。

 

 

そして母の言った”追いかけなさい”という言葉は、幼い時から母に言われていた言葉だったと昔を振り返る坂道。

 

 

小さい頃はヤブや虫が怖くて、何が飛び出すかわからない道は、自分にとって異世界だった。

 

 

そんな自分に、母はただ追いかけていけばいい、と言っていた。

 

 

その記憶を振り返りながら、”だけど、母さん。ボクはね、少し成長したよ”と思う坂道。

 

 

“この道だって一人で走って行ける”と。

 

 

その理由は、先輩や後輩や友達、皆が自分にたくさんの力と勇気をくれたからだ、と。

 

 

仲間達を思い出し、”体はキツイ。だけど追いかけるよ!!前を!!”と加速していく坂道。

 

 

そして、真波との差を盛り返し、再び真波と並んだのだった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

弱虫ペダル(第529話)の感想!


 

 

委員長が真波を応援する場面、委員長の声、ちゃんと真波に届きました!

 

 

声が届かなくても良い、と声援を送った委員長、聞こえたようで本当によかったです。

 

 

それにしても、あれだけの声援の中、委員長の声が聞こえたと言うことは、真波にとって委員長が特別な存在だと言うことですよね。

 

 

真波はまだ自覚していないようですが、今後の二人の関係も気になります。

 

 

一方坂道と母の場面、坂道母、去年と同じ言葉を坂道にかけています。

 

 

でも、何も知らなかった去年と今とでは心の中で思っている気持ちは違うような気がしました。

 

 

この場面、坂道の成長に喜びつつも寂しさも感じている母の気持ちが伝わってきました。

 

 

本当に息子思いのお母さんです。

 

 

しかし坂道母、スマホを地面に向けたままボタンを連打してたので、地面の写真がいっぱい撮れました。

 

 

坂道を取りに来たはずなのに地面の写真、流石坂道母!

 

 

真面目なシーンもコミカルに持っていってくれます。

 

 

そして坂道が”追いかけなさい”の言葉から過去を思い出している場面、坂道、本当に一人ではヤブに入れなかったんですね。

 

 

そんな坂道が今、一人で長い長いレースのゴールを目指して走ることができるのは、坂道自身が成長した事と、仲間達のお陰なんですね。

 

 

次の場面で、総北メンバーが出てきた場面では、今までの頑張りを思い出して、思わずウルッとしてしまいました。

 

 

総北、去年も今年も本当に良いチームです。

 

 

そして坂道、最後の力を振り絞りながら真波に追い付きました!

 

 

本当にどちらが勝ってもおかしくないですよね。

 

 

どちらが勝っても負けても泣きそうです。

 

 

さて、ゴールまで残りわずか、果たしてどちらがゴールを取るのでしょうか。

 

 

次回も見逃せません!

 

 

スポンサーリンク

[ad03] [ad-pc2][ad03][/ad-pc2]
タイトルとURLをコピーしました