七つの大罪(第299話)のネタバレと感想!-新たな魔神王誕生!?-
スポンサーリンク

 

 

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

七つの大罪(第298話)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

七つの大罪(第299話)のネタバレ!


 

 

マエルに殴られ後ろに吹き飛ぶゼルドリス。

 

 

その間に、マーリン達の元へやって来たヘンドリクセン。

 

 

繭完成まで3分を切ったと言うマーリン。

 

 

すると、ゼルドリスに、無益な戦いに幕を引こう、偽りの記憶だったとはいえ、一時は兄弟だったのだから話し合えば必ず分かり合えると説得するマエル。

 

 

しかし、”エスタロッサ(かつてのお前)が効いたら一笑に付していただろうな・・・!!”とマエルの言葉を一笑するゼルドリス。

 

 

そのまま折れた剣を再生し、攻撃体制に入る。

 

 

そんなゼルドリスを悲痛な表情で見、手に光の手裏剣の様なものを作るマエル。

 

 

再び二人の戦いが始まる。

 

 

壮絶な切り合いをするゼルドリスとマエル。

 

 

“あと二分・・・”と呟くマーリン。

 

 

マーリンの言葉に思わず舌打ちするゼルドリス。

 

 

そこへマエルの攻撃が直撃する。

 

 

焦るゼルドリスに”冷静沈着なキミらしくない、メリオダスを魔神王にしてまで聖戦の勝利を手にしたいのですか?”と問いかけるマエル。

 

 

この世でたった一人の兄を、そのような存在にしてもいいのか、と。

 

 

マエルの言葉に”なんとでも言え”と言い、一瞬のうちにマエルの背後に回ったゼルドリス。

 

 

その速さに驚いているマエルに攻撃を仕掛けていく。

 

 

兄がそれを望んだ、そして自分も、と言って攻撃を繰り出すゼルドリス。

 

 

“なんという鬼気迫る気迫・・・!!”と驚くマエル。

 

 

“邪魔をするな!!!”とマエルを斬りつけるゼルドリス。

 

 

そして、あと一分、と言うマーリン達にも攻撃を繰り出した。

 

 

しかし、その攻撃はキングによって防がれる。

 

 

諦めろ、勝機はない、と言うキング、だが、内心ではこっちも限界が近いと思っていた。

 

 

悔しさから叫ぶゼルドリスは、そのまま滅茶苦茶な攻撃を繰り出し続ける。

 

 

そんなゼルドリスを見て、殆んど破れかぶれだと言うホーク。

 

 

エリザベスも悲痛な表情でゼルドリスの名を呼ぶ。

 

 

そんなゼルドリスに問いかけるマエル。

 

 

“何がキミをここまで縛ってる?何がキミをこうまで駆り立てる?”と。

 

 

そして”残念です”と言って背後からゼルドリスを斬りつけた。

 

 

そのまま地面に落ち、ボロボロのゼルドリス、しかしそれでも立ち上がる。

 

 

その時、よく持ちこたえてくれた、と礼を言うマーリンは、時の棺(クロノ・コフィン)を発動させる。

 

 

巨大な繭がメリオダスを覆っていった。

 

 

繭を見て、”ホントに繭の時間は止まったのか”と尋ねるホーク。

 

 

すると、何かに気づき、指差すヘンドリクセン。

 

 

その指の先には、動きが停止している鳥の姿が。

 

 

繭を見たゼルドリスは”ゲルダ”、と心の中で呟き、涙を浮かべながら倒れていく。

 

 

ゼルドリスが倒れたのを見て、”ながいようで短かったね”とホッとしたように呟くキング。

 

 

そして、聖戦が終わった!と喜ぶ一同。

 

 

リュドシエルと顔を合わせるマエル。

 

 

膝をつき、さすがにこたえたと言うマーリン。

 

 

それぞれが互いの健闘を称えていた。

 

 

そして、姉とギルの事についてヘンドリクセンに礼を言うエリザベス。

 

 

何故知っているか疑問を浮かべるヘンドリクセンに、キングが霊槍でずっと見ていたというエリザベス。

 

 

しかし、今のキングに気付かず、キングを探すヘンドリクセンだった。

 

 

繭の側に飛んでいき、さっさと元に戻れ、エリザベスの呪いが発動するまで後一日しかないんだから、とメリオダスに声をかけるホーク。

 

 

ホークの言葉に笑いながら、”メリオダス、私はあなたが無事でいてさえくれたら”、と思うエリザベス。

 

 

しかし、”繭の中身が空っぽ・・・”と言うホーク。

 

 

繭には巨大な裂け目が出来ていた。

 

 

その時、”ズッ”というとてつもない力を感じるエリザベス達。

 

 

あまりの力に冷や汗を流す一同。

 

 

そして背後に立った何者かに”メリオダス…あなたなの・・・?”と声をかけるエリザベス。

 

 

その様子を見たゼルドリスは笑いだし、

 

 

 

“約束は果たしてもらうぞ、魔神王”

 

 

 

と、魔神王となったメリオダスに言うのだった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

七つの大罪(第299話)の感想!

 

 

ゼルドリス、物凄く必死な表情で攻撃を繰り出しています。

 

 

圧倒的にマエル有利の中、メリオダスを魔神王にしようとしているのは、やっぱり恋人のゲルダに再び会いたいからですよね。

 

 

過去の場面からも物凄くゲルダのことを愛していたようですし。

 

 

きっと自分を、そしてたった一人の兄を犠牲にしてでも会いたいのでしょう。

 

 

この兄弟、一途なところはにていますよね。

 

 

そして繭が完成し、ゼルドリスが倒れた場面、皆聖戦が終わったと喜んでいます。

 

 

お互いに健闘しあっていますね。

 

 

ヘンドリクセンが大人キングに気づいていなくてちょっと笑ってしまいました。

 

 

この場面、凄い和やかな雰囲気だったので、よかったと思う反面、ちょっと呆気なかったな、と思っていたんですが、次の場面でその理由が分かりました。

 

 

何と繭が破れています!

 

 

あ、やっぱりこんな簡単にめでたしめでたしで終わりませんよね。

 

 

何となくわかっていましたが。

 

 

最後、メリオダスの気配を感じ驚くエリザベス達の場面、皆冷や汗を流し、驚愕の表情を浮かべています。

 

 

さっきまでの和やかムードから一気に地獄へ突き落とされました。

 

 

皆の反応からも余程ヤバイ状態なのが伝わってきました。

 

 

そしてメリオダス、顔と体の一部だけしか見えませんでしたが、凄く成長しています。

 

 

これも魔神王化の影響なのでしょうか。

 

 

さて、まさかのメリオダスが魔神王になってしまいました!

 

 

不敵な笑みを浮かべていますが、果たしてメリオダスの心は残っているのでしょうか。

 

 

そしてエリザベス達はどうなるのでしょうか。

 

 

次回も見逃せません!

 

 

スポンサーリンク