ダイヤのA act2(第155話)のネタバレと感想!-御幸!起死回生の一撃!!-

マガジン
スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

ダイヤのA act2(第154話)

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

ダイヤのA act2(第155話)のネタバレ!


 

 

4回表、一点も許せない状況の中、沢村に代わりマウンドに立った川上は、周囲も驚くピッチングを見せ、見事三振をとる。

 

川上の見事なピッチングに歓声が響く。

 

 

“9番億吉君をセカンドフライに仕留め、1番百瀬君をシンカーで三球三振、由良総合に流れを作らせない完璧リリーフ、川上・御幸の3年生バッテリー”と大絶賛する実況。

 

 

川上の完璧なピッチングに盛り上がる青道ベンチ、そして拳を川上に向ける沢村、その後見届けたかのように由井を誘ってダウンを始める。

 

 

観客席では、”右打者のボールゾーンからストライクゾーンに投げるフロントドア、秋から投げてましたよね”と峰に尋ねる大和田。

 

 

“左打者にはアウトコースにストレートとシンカーの投げ分け、青道ベンチとしては由良に傾いた流れを断ち切りたい、その起用に見事に応えたな”と言う峰。

 

 

“御幸君も明らかに捻じ伏せていく強気なリードでしたしね”と嬉しそうに言う大和田 。

 

 

しかし、沢村の姿を見て、”とはいえ、ベンチが動かざるを得ない事態だったことも事実、ここから試合がどう進むかだな”と言う峰だった。

 

 

そんな中、由良総合のベンチでは、榊監督が片岡監督を見つめていた。

 

 

そして東山の名前を呼び、前の回は上手くいったがあまりスライダーをゾーンに集めるな、奴らの頭にスライダーがあると思わせるだけでいい、と言ってアドバイスをする。

 

 

その言葉に自信に満ちた表情で頷く東山。

 

 

4回裏、青道高校の攻撃は4番キャッチャー御幸から始まる。

 

 

御幸の登場に、御幸の応援テーマ、「狙いうち」を演奏し始める青道吹奏楽部。

 

 

盛り上がる青道。

 

 

そんな中、真剣な表情をしながらも落ち着いた様子でバッターボックスに立ち、東山を見据える御幸。

 

 

そんな御幸の背中を見つめる沢村。

 

 

“雰囲気あるなぁ・・・この・・・”と思いながらスライダーを投げ込む東山。

 

 

それを見逃す御幸。

 

 

1球目はボール。

 

 

御幸の見逃し方を見て、”嫌な見逃し方しやがる”と思う榊監督。

 

 

無理はしなくていい、慎重に。甘い球は持っていかれる、と。

 

 

“外の際どい所に”と外側に構える由良総合のキャッチャー。

 

 

2球目を投げる体制に入る東山。

 

 

彼は御幸と対峙している今の状況は、2年前じゃ考えられなかった、と今までのチームメイトとの練習風景を振り返っていた。

 

 

“覚える事や考える事が多いし、密度の濃い練習に毎日ヘトヘトだし・・・でもその成果がこれだろ?あの青道が俺ら相手に本気で牙剥いて向かってんだ・・・たまんねぇ”と思いながら渾身のスライダーを投げ込む東山。

 

 

しかし、そのボールを打つ御幸。

 

 

ボールはそのまま大きく飛んで行き、ホームランに。

 

 

“入ったぁー!!試合を振り出しに戻す主砲の一撃ー!!”と叫ぶ実況。

 

 

それを見た沢村は笑みを浮かべるのだった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

ダイヤのA act2(第155話)の感想!


 

 

川上が三振をとった場面、川上、どうやら秋からずっとフロントドアを投げていたようです。

 

 

そして見事に由良総合へ向かっていた流れを断ち切りました!

 

 

流石川上、ここぞと言う場面で必ず何かをやりとげてくれます。

 

 

こんな選手がいてくれたらチームとしても心強いですよね。

 

 

そして沢村、川上の三振を見届けてからダウンしに行っていますが、一体何を思っているのでしょう。

 

 

きっと色々な感情がごちゃ混ぜなのではないでしょうか。

 

 

そして由良総合のピッチャー東山の心の中の場面、どうやら榊監督が赴任する前はここまで強いチームではなかったみたいですね。

 

 

毎日ヘトヘトだったと言っていますが、嫌な感じじゃないんですよね。

 

 

その証拠に、由良総合のどの選手も楽しげな表情です。

 

 

彼らにとって榊監督との出会いは、自分達の野球人生を変えたのでしょう。

 

 

それはきっととても素晴らしい出会いだったのでしょうね。

 

 

かつての片岡監督のように。

 

 

そして御幸が打った場面、御幸、まさかのホームランを打ちました!

 

 

しかもこれで同点、再び試合を振り出しに戻しました。

 

 

流石主将!

 

 

でも喜びもせず、淡々と塁を回っているんですよね。

 

 

きっと自分が凄いことをしたとは思っていないんでしょう。

 

 

沢村も笑顔を浮かべていますし、この場面での御幸のホームランはチームにとっても沢村にとっても大きな影響を与えたのではないでしょうか。

 

 

さて、御幸のホームランで振り出しに戻った試合、果たして勝つのはどちらでしょうか。

 

 

そして沢村復活の可能性はあるのでしょうか。

 

 

次回も見逃せません!

 

 

スポンサーリンク

[ad03] [ad-pc2][ad03][/ad-pc2]
タイトルとURLをコピーしました