古見さんは、コミュ症です。(第182話)のネタバレと感想!-硬派とは?-

サンデー
スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

古見さんは、コミュ症です。(第181話)

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

古見さんは、コミュ症です。(第182話)のネタバレ!


 

 

硬派とは―腕力、暴力を主とする不良。

 

 

または男女関係に生真面目な者のことを指す。

 

そんな説明の中、歩く片居君の妹、愛ちゃん。

 

 

“どいつもこいつもチャラチャラと・・・軟派な野郎どもだぜ!!

 

 

と思う愛ちゃん。

 

 

そんな愛ちゃんを見て、驚く生徒達。

 

 

そのまま自分の教室に入る愛ちゃん。

 

 

どうやら今日が初登校日のようだが、特攻服に身を包み、迫力満点の愛ちゃんの姿におびえ、声をかけることが出来ないクラスメイト達。

 

 

愛ちゃんが何故この高校にしたかと言うと、家の近くの高校は片居くんが通っているため、二番目に近いこの貴宰高校に通うことにしたらしい。

 

 

クラスの子はクソ軟派な連中ばかりだと思い、”チッ・・・やっぱり学校なんて来るもんじゃ・・・”と思っていた時、キラキラオーラの男の子を見つけた愛ちゃんは、思わず乙女になってしまう。

 

 

その男の子は、古見さんの弟・笑介君。

 

 

必死に自分は硬派だと言い聞かす愛ちゃん、しかしトキメキを抑えられず、自分の顔を殴る愛ちゃん。

 

 

その時、”おはよう!片居愛ちゃんだよね?”と声をかけてきたのは、級長でご存知只野君の妹、只野瞳ちゃん。

 

 

よろしくね、と言って手を差し出す瞳ちゃんに、”アタイは誰ともつるむ気はねぇ。”と自分の席に向かう愛ちゃん。

 

 

しかし、めげることなく愛ちゃんの机に張り付き、次から次へと質問する瞳ちゃん。

 

 

そんな瞳ちゃんに驚きながらも”なんだよお前!誰ともつるむ気はねぇってアタイ言っただろ!”と叫ぶ愛ちゃん。

 

 

すると、わかってると言い、親指を立ててウインクしながら”ほんとは友達欲しいんでしょ?あたし級長だからさ、任せてよ”と言う瞳ちゃん。

 

 

その言葉に、”ハナシ聞いてたか!?”と突っ込む愛ちゃん。

 

 

そんな愛ちゃんを気にすることなく、学校を案内すると言う瞳ちゃんに、思わずコブシを振り上げる愛ちゃんだった。

 

 

授業後、つまらない授業でほとんど寝ていたらしい愛ちゃんのもとへやって来た瞳ちゃん。

 

 

そのまま学校探検に連れて行かれる。

 

 

なぜか笑介君を巻き込みながら。

 

 

学校を案内していく瞳ちゃん、しかし興味がない様子の愛ちゃんは、自分は不良だから生きる世界が違う、どうせもう二度と学校に来ることもない、と言って去ろうとする。

 

 

そんな愛ちゃんに、”好きな色は?”と話の流れを気にせず尋ねる瞳ちゃん。

 

 

思わず”ハナシ聞いてたか!!?と言う愛ちゃん。

 

 

その時、”片居ィィ――!!出てこいやコラァ―っ!!と言う声が、派手な音とともに校庭から聞こえてきた。

 

 

外を見ると、デコチャリで校庭をぐるぐるする不良の姿が。

 

 

彼女達は人質をとり、愛ちゃんに出てくるよう脅してくる。

 

 

校庭に駆け出す愛ちゃん。

 

 

“ヒヒッ、あんたがこんな良い子ちゃん学校に入学したなんて噂がほんとだったとはね!!”と言う女。

 

 

それを見ながら、”不良の抗争ってほんとにあるんだ・・・!”と思う生徒達。

 

 

彼女達は、自分達のボスが愛ちゃんに愛車を壊され泣いている為、仇をとりに来たらしい。

 

 

しかし、深夜に『北野ミキ』を爆音で流しながら家の近所を走っていたのが悪い、と言う愛ちゃん。

 

 

図星なのか、恥ずかしそうな表情をする不良、この人質がどうなってもいいのか、と何故かマーガリン塗るやつを人質に向ける。

 

 

それを見た愛ちゃんは、”アタイのことは好きにしな、でもそいつは放してやってくれ。”と言い、校庭に座り込む。

 

 

それを見て、硬派!!と思う生徒達。

 

 

そのまま殴られ、気を失ってしまう。

 

 

その時、”やめろ!貴様らの悪行・・・この俺が見過ごさねぇ!!!と辺りに響き渡るイケボ、その声の先には、笑介君の姿が。

 

 

しかし、その言葉は、笑介君の声真似をした瞳ちゃんが言ったのだった。

 

 

突然のイケメンの出現に顔を赤らめる不良達。

 

 

そのまま笑介君に見惚れてしまい、中々動けない。

 

 

暫くして殴り掛かるが、その攻撃をかわしていく笑介君。

 

 

しかし避け切れず、攻撃が当たってしまう。

 

 

すると、瞳ちゃんが不良の一人を一本背負いで投げ飛ばした。

 

 

驚く笑介君と不良達。

 

 

そして次々と不良達を投げ飛ばし、気が付くと、校庭に全員倒れ込んでいた。

 

 

すると、気を失っていた愛ちゃんが目を覚まし、辺りを見ると不良達が倒れていた。

 

 

驚きながらも、”なっなんだこれ!全部お前がやったのか!?”と近くにいた笑介君に尋ねる愛ちゃん。

 

 

しかし、何も言わずにその場を立ち去る笑介君。

 

 

彼は特になにもしてないので去っただけなのだが、”礼も言わせず無言で去っていくなんて・・・なんて硬派なんだ・・・!!す、好き・・・!!”と思う愛ちゃん。

 

 

翌日、”これっ、たっ食べてくださいっ!!”と言って、重箱のお弁当を渡す愛ちゃん、そしてそのまま走り去っていく。

 

 

それを見送る笑介君の肩に手を置き、無言でグッと親指を立て、ウインクする瞳ちゃん。

 

 

硬派とは、コミュ症との類似点も多くあげられるらしい。

 

 

そしてそのまま愛ちゃんに話しかけにいく瞳ちゃん。

 

 

そっけない態度をとられてもめげない瞳ちゃんに好きな色を聞かれた愛ちゃんは、仕方なく赤だと答えるのだった。

 

 

家に帰り、古見さん達家族がご飯を食べる中、ソファに座ったままの笑介君、お昼に食べたお弁当が消化されていないようで、お腹が一杯だと訴える笑介君。

 

 

そんな笑介君に、なんで?と思う古見さん達だった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

古見さんは、コミュ症です。(第182話)の感想!


 

 

今回は片居君の妹、愛ちゃんメインのお話でした!

 

 

愛ちゃんが教室に入った場面、クラスメイト、愛ちゃんにビビっています。

 

 

そりゃ、特効服着て足で扉開けて、ガンつけながら入ってこられたらそんな反応になるでしょう。

 

 

そして愛ちゃん、クラスメイトを見てどいつもこいつも腑抜け顔だと思っていますが、彼女は一体何を求めているのでしょうか。

 

 

しかもこの高校にした理由、家から近く、兄の片居君と同じ高校にしたくなかったから見たいてますし。

 

 

この理由は年頃の女の子なんですけどね。

 

 

すると愛ちゃん、とある男子にときめいています。

 

 

その男子は笑介君、まさかの古見さんの弟と同じ学校でした!

 

 

しかも只野くんの妹の瞳ちゃんもいますし、キャラが濃いクラスです。

 

 

いや、きっと濃いのはこの三人だけですね。

 

 

そして瞳ちゃん、物凄い勢いで愛ちゃんに話しかけています。

 

 

只野くんの妹なだけあってコミュ力半端ないです。

 

 

愛ちゃんが邪険に扱っても全くめげないどころか、笑介君も巻き込んでいます。

 

 

おそろしや只野兄妹!です。

 

 

そして愛ちゃんを呼ぶ不良女子達の場面、この女子達が乗ってるのってデコチャリです。

 

 

そう、チャリです。バイクではありません。

 

 

しかも人質の首に当ててるのナイフじゃなくてマーガリン塗るやつですし。

 

 

もしかして彼女達、根はイイコなのでしょうか。

 

 

そして愛ちゃん、自分を好きにしていいと、人質を解放するように言っています。

 

 

この場面の愛ちゃん、凄く漢らしいです!

 

 

周りの生徒も思わず硬派!と心の中で叫んでいますし。

 

 

そんな愛ちゃんを助けようと表れた笑介君!

 

 

・・・の後ろにいる瞳ちゃん、どうやら笑介君の声真似ができるようですが、笑介君、絶対こんなこと言うキャラじゃないですよね。

 

 

笑介君も心の中で!?マークを飛ばしていますし。

 

 

そして不良の皆様は口では罵倒しながらも笑介君にメロメロです。

 

 

すると、その間に瞳ちゃんが一本背負いで次々と不良達を倒していきます。

 

 

本当にこの子、何者なのでしょうか。

 

 

ハイスペック過ぎます。

 

 

そして目を覚ました愛ちゃんの場面、愛ちゃん、笑介君が不良を倒したと勘違いしてしまいました。

 

 

そしてなにも言わずに去っていく笑介君、今回一言も喋っていません。

 

 

そしてどうやら愛ちゃん、笑介君に恋心を抱いたようで、お弁当を渡しています。

 

 

しかも重箱のです。

 

 

手作りだとしたら女子力高すぎです。

 

 

最後、晩御飯が食べれない笑介君の場面、きっと残さずお弁当を全部食べたのでしょう。

 

 

他人想いのイイコです。

 

 

流石、古見さんの弟ですね。

 

 

それにしても笑介君、本当に一言も喋りませんでした。

 

 

でも、何とかなっていたので、本当にコミュ不要なんですね。

 

 

これってある意味凄い才能なんでしょうか?

 

 

さて、今回のお話も突っ込みどころ満載で面白かったです。

 

 

次はどんなお話なのでしょうか?

 

 

次号はお休みとのことなので続きは暫く先ですね。

 

 

今から楽しみです!

 

 

次回も見逃せません!

 

 

スポンサーリンク

[ad03] [ad-pc2][ad03][/ad-pc2]
タイトルとURLをコピーしました