彼女、お借りします(第76話)のネタバレと感想!-和也君は私のものです!・・・言われてみたい!!-
スポンサーリンク

 

 

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

彼女、お借りします(第75話)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

彼女、お借りします(第76話)のネタバレ!


 

 

和也のバイト先であるカラオケに来たマミ。

 

 

マミの来店に焦る和也。

 

 

親しげに言葉を交わす和也とマミを近くで見ていたるり。

 

るりのことを隠そうとする和也の行動に、疑問を抱いたるりはこれまでのことを振り替える。

 

 

カラオケに2回来たというマミの発言、水原を元カノに振られた寂しさでレンタルしたこと。

 

 

「私は和也君の彼女ですっ!!!」

 

 

るりはマミに向けて言う。

 

 

「彼女? 彼女って?」

 

 

るりの言葉に、マミは和也を見て訪ねる。

 

 

これには深い訳がと和也は必死に言い訳をする。

 

 

しかし、るりは和也を押し退けテーブルに手を突くと身を乗り出してマミに畳み掛ける。

 

 

「ええそーです。あなたは”元カノ”ですよね!? 残念でした! 私は今の彼女ですからっ!!」

 

 

えっと驚いたマミはなにも言えないでいた。

 

 

和也は止まりそうにないるりを止めようとするが、るりはさらに続ける。

 

 

「”元カノ”だからって余裕ぶって!初カノだからって、和也君の”思い出の人”的な!?はあ!」

 

 

誰でも厭らしい目で見るしフラフラしてるけどと間接的に和也の態度も指摘する。

 

 

指摘された和也は否定しきれずに、恥ずかしさに顔を赤くする。

 

 

「もうあなたへの未練なんて、これっぽっちも無いんですから!」

 

 

るりは親指と人差し指で輪を作り少しだけ開ける。

 

 

「あなたこそ未練タラタラなんじゃないですか!?」

 

 

マミは畳み掛けるるりに、言葉も表情も失い、瞳から光が消えた。

 

 

もうエッチもしましたしと嘘を吐くるりに、和也は照れながらしてないと否定する。

 

 

それでも、るりはマミにあることないことを言う。

 

 

「和也の周りをチョロチョロするの、やめてもらっていいですか!?」

 

 

るりは身を乗り出して、真剣な表情でマミに向かって言う。

 

部屋の中に沈黙が流れる。

 

 

「だったら、なんで”レンタル彼女”なんか……」

 

 

マミは俯き加減で、汐らしく疑問を呟くように口にする。

 

 

和也とるりは、マミの言葉に驚く。

 

 

るりは、何の事と言いたそうな表情で和也を見つめる。

 

 

私の度量の広さっていうかと、あえて余裕を見せるるり。

 

 

「あれはただの社会勉強で……」

 

 

和也は笑顔で俯いたままのマミに言う。

 

 

お金置いとくねとテーブルに代金を置いマミは部屋を出ていく。

 

 

私が彼女だもんと、和也を前にるりは涙を流す。

 

 

カラオケを出たマミは駅へと向かっていた。

 

 

途中、男性に声を掛けられるも、「ウザっ」と翳る顔で吐き捨てる。

 

 

――何あのガキ、ヤベーじゃん

 

 

電車に乗ったマミは和也の彼女だといったるりのことを考える。

 

 

るりに対する和也の言動やるりがレンタル彼女のことを知っていることに、本当に“彼女”なのかと疑う。

 

 

るりに言われた、未練タラタラという言葉が浮かぶ。

 

 

――まじ何意味ないこと考えてんだろ

 

 

マミはため息を吐く。

 

 

駅に到着した電車の扉が開く。

 

 

「マミさん…?」

 

 

乗車してきたのは水原だった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

彼女、お借りします (第76話)の感想!


 

 

るりの畳みかける言葉。

 

 

心拍数の上がることを避けてきたるりも和也の事になると熱くなります。

 

 

呼吸も忘れた様にマミに対して、溜まっていた鬱憤を言葉として吐き出します。

 

 

まるで、マミだけでなく自分の事を見てくれない和也にも言い聞かせるように。

 

 

それほどまでに和也のことが好きということです。

 

 

マミは何が目的で来たのか分からないけれど、和也に対して思うところがあるだと思います。

 

 

もしかしたら、心配しているのかもしれません。

 

 

それとも、ただ暇潰しのちょっかいという可能性もあります。

 

 

水原との邂逅でマミにどんな変化が訪れるのか楽しみです。

 

 

次回も見逃せません!!

 

 

スポンサーリンク