薬屋のひとりごと(第4話)のネタバレと感想!-塩ってそんな使い方もされているとは知りませんでした!-
スポンサーリンク

 

 

 

 

薬屋のひとりごと(第4話)のネタバレ!


 

 

医局で松茸を焼いて食べる猫猫とやぶ医者。

 

 

どうやら後宮内の松林に生えているのを、猫猫が見つけたようだ。

 

 

松茸を食べながら、やぶ医者とは馴れ合う仲になってしまった、とこれまでを振り返る猫猫。

 

 

やぶ医者は自分の腕を買ってくれているし、今日みたいに収穫があれば、ここでこっそり食べられる。

 

 

それに何よりここにいると、調薬の機会に恵まれるーー。

 

 

そのとき、一人の宦官が医局に駆け込んできた。

 

 

呪いを解く薬を作って頂けませんか・・・!?と。

 

 

手当てをしながら、呪いとはどう言うことだと尋ねると、この腕だ、と言う宦官。

 

 

ただのかぶれだと言うやぶ医者に、それは、かぶれた経緯をまだ話してないからだ、と話始める。

 

 

あれは一昨日のこと、後宮内のごみを集めるのは宦官の仕事で、一昨日もいつものように仕事をしていた。

 

 

すると、そのごみの中に木簡をくるんだ、焦げた女の服があった。

 

 

何かと思ったが、気にせず火の中に投げた、すると一瞬で見たことのない色の炎が噴き上がって、と話す宦官に、翌日には木簡に触れた手がかぶれていたのか、と確認する猫猫。

 

 

そして、”その炎って例えばこんな色じゃありませんでした?”と言って木の板に何かを付けて燃やす。

 

 

すると炎が黄色になった。

 

 

驚きながら、どうやったのかと尋ねる宦官に、塩を入れただけだと言う猫猫。

 

 

火にかけると青や紫、黄などに色が変わるものがある、例えば花火にも使われている。

 

 

恐らく木簡に何かが付着していて、それに触れてかぶれただけだろうと説明する猫猫。

 

 

その話を聞いて安心したように座り込む宦官。

 

 

すると、後ろからお見事、と言って褒める声が。

 

 

それは壬氏だった。

 

 

壬氏を見て、”なんのご用でしょう”と嫌そうな表情を浮かべながら尋ねる猫猫。

 

 

“用がなければ話しかけるなと言いたげだな”、と言って”先程の炎の話だが、色付きの炎で燃える木簡を作ることは可能なのか?”、と尋ねる壬氏。

 

 

水に溶けるものであれば、溶かして木簡に染み込ませればできると答える猫猫。

 

 

なんのために?と真剣な表情を浮かべ呟く壬氏。

 

 

その呟きを聞き、思わず考える猫猫。

 

 

なんのためにそんな木簡を用意したか?

 

 

染み込ませて乾かせば、他の木簡に紛れ込んでもわからない。

 

 

他の者に気づかれることなく、色を使い分けることでやり取りが出来る。

 

 

まるで暗号のような――――。

 

 

そこで、また余計なことを、と考えるのをやめ、この話をしに来たのかと尋ねる猫猫に、猫猫を呼びに来た所だと言う壬氏。

 

 

去るお方が翡翠宮でお待ちだ、と。

 

 

疑問に思いながらも翡翠宮を訪ねる猫猫。

 

 

そこにいた人物とは!?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

薬屋のひとりごと(第4話)の感想!


 

 

松茸を食べる場面、凄い美味しそうに食べててちょっと羨ましいです。

 

 

しかしこの松茸、後宮内の松林から取ってきたと言っていますが、それって勝手にとって良いものなんでしょうか?

 

 

一応後宮内のものですよね?

 

 

バレなきゃ大丈夫なんでしょうか。

 

 

そして宦官の怪我の説明の場面、呪いだ!と怯える宦官、現代っ子が見ると、なんのこっちゃと疑問に思うでしょう。

 

 

私も思いました。

 

 

でもこの物語の時代設定、昔の中国っぽいので、呪いだ!と思ってもおかしくないのかな?と思います。

 

 

中国に限らず、日本も呪詛だ、神託だ、と言う時代もありましたし。

 

 

にしてもごみ集めまで宦官の仕事なんですね。

 

 

そして原因を説明する場面、まさか塩で炎の色が変わるとは驚きました。

 

 

今で言う化学反応ですかね?

 

 

なるほど、花火にも使われていると言っていますが、色が変わるのって塩だったんですね。

 

 

塩を見る目が変わりました。

 

 

何かに使えそうですね!

 

 

・・・現代の日常生活では使えなさそうですけど。

 

 

そして、そんな猫猫を褒める壬氏の場面、猫猫、凄い嫌そうな表情です。

 

 

まるで道に落ちたゴミをみるかのようで、少し笑ってしまいました。

 

 

本当に嫌なんですね。

 

 

でも、ここまで嫌われると壬氏がちょっと不憫に思えてきました。

 

 

そして最後、翡翠宮で去るお方に会うことになった猫猫。

 

 

去るお方ということで、何となく予想はつきますが、一体誰なんでしょう。

 

 

そして木簡の謎とは?

 

 

次回も楽しみです!

 

 

スポンサーリンク