ハイキュー!!(第334話)のネタバレと感想!-遂に狢坂の監督登場!まさかの眼鏡美女!?-

ジャンプ
スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

ハイキュー!!(第333話)

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

ハイキュー!!(第334話)のネタバレ!


 

 

コートに戻ってきた赤葦。

 

 

得点が決まってから次のサーブが放たれるまで10秒、勝敗の行方を憂えたり過ぎたミスを後悔している暇は無い、ローテから見る相手の出方の予測と、自分のすべきことだけ考える、と思い、試合に望んでいた。

 

狢坂からのサーブを猿杙がレシーブし、木葉が前の方に打ち、桐生にボールを拾わせる。

 

 

それを見ながら、桐生は牽制、レフトはない、このパターンから可能性が高いのは、真ん中!、と狢坂の攻撃を予想し、対処する梟谷。

 

 

それを観客席で見ていた黒尾。

 

 

真ん中から鷲尾、左から木兎のブロック、抜いても赤葦が待っている。

 

 

イヤな守備だ、と思う黒尾。

 

 

そのボールは鷲尾によって再び狢坂コートへ。

 

 

ボールを拾う狢坂、しかし、高く上がり過ぎてしまい、そのまま木兎が相手コートにダイレクトに決め、梟谷の得点となる。

 

 

木兎のプレーを見ていた観客は、いつのまにか木兎を応援する雰囲気になっていた。

 

 

パソコンで試合を見ている白鳥沢のセッター白布も赤葦のプレーを見て、1セット目は何かイライラしていたが、2セット目はいい、と褒めるのだった。

 

 

続く木兎のサーブ。

 

 

すると、会場中が木兎の応援をし始め、木兎コールに包まれる。

 

 

それを見て、”サーブに手拍子て 稲荷崎が烏野の邪魔のためにやってたやつじゃねえか、味方にやってどうする”、と木兎の邪魔になるのでは、と思う大将。

 

 

木兎コールに”俺の時はやめてほしいけど、木兎さんなら追い風には全部乗る”と思う赤葦。

 

 

赤葦の予想通り、木兎コールに目を輝かせる木兎。

 

 

そして、”世界が!!! 俺に加勢している!!!”と思いながら強烈なサーブを打つ木兎。

 

 

そのボールは相手コートに突き刺さり、梟谷の得点となる。

 

 

そして梟谷のマッチポイントへ。

 

 

そのサーブを見て、思わず笑ってしまう赤葦。

 

 

続く木兎のサーブも強烈なものだったが、なんとか拾い、桐生にあげる臼利。

 

 

しかし、スパイクを打つとき思わず木兎を意識してしまい、鷲尾等梟谷のブロックに阻まれ、2セット目は梟谷が取り返した。

 

 

休憩中、”梟谷、もっと木兎頼みかと思ったが、結構MB放りこんで来る”と呟く狢坂の零。

 

 

そして、”対木兎ブロック一回やめるか、と言うが、エースを選択させる状況は自分等で作るんだろう、と一喝する梟谷の女監督、九刷。

 

 

“攻めは最大の防御!!”だと言う九刷監督に返事をする狢坂のメンバー。

 

 

そんな中、”*木兎のように、怯えも焦りもなく、ただ自分の体を思うまま操る、楽しいこそが最強なんだ”、と言う桐生。

 

 

それを聞き、やはり木兎とは相性が悪いか、と思う九刷監督。

 

 

すると、”わかる!!! 「かわいいは正義!」みたいな感じやろ!!”と言う猯。

 

 

それに”バーカ”言った雲南と小競り合いになりながらも、”残念ながら、八は「カワイイ」にはなれない。けど、「楽しい」は作れる。きつい筋トレと練習次第で。お前は全部やってきたから”、と言う猯。

 

 

その猯の言葉に、肯定するように頷く臼利。

 

 

そんなチームメイトを見て、”お前らは強えなあ”と心から思った桐生だった。

 

 

そして迎えた第3セット。

 

 

コートの中で、木兎が怖いと思う桐生。

 

 

木兎のような男と戦えば、自分の小ささを浮き彫りにされる、と。

 

 

自分には怖いものが一杯ある、仲間の鼓舞も期待も歓声も、どこかプレッシャーに感じていた。

 

 

しかし、ふとその”プレッシャー”について思い返す桐生。

 

 

“弱えくせに 何を一丁前に”と思わず笑ってしまう。

 

 

そして、気合を入れ直した桐生。

 

 

自分に自信など全くない、でも仲間は恵まれた自信はある。強い仲間が、そこまで言ってくれている。ならば、と決心したように、強烈なスパイクを打つ桐生。

 

 

ボールは、梟谷のブロックに当たり、そのままブロックアウトになった。

 

 

歓声にわく狢坂。

 

 

そして歓声を聞きながら、”逃げ出すくらいなら自惚れろ”、と思う桐生だった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

ハイキュー!!(第334話)の感想!


 

 

赤葦、コートに戻ってきました!

 

 

相手の攻撃も冷静に判断し対処できています。

 

 

漸くいつもの赤葦らしくなりました。

 

 

そして木兎コールの場面、ぶっちゃけサーブで集中しているときにされたら嬉しさ反面、ちょっと鬱陶しいんでしょうが、注目されるのが大好きな木兎には効果絶大ですね。

 

 

まさかのサービスエースです。

 

 

今回の試合どこまで成長するのでしょう?

 

 

そのまま2セット目は梟谷が取りました。

 

 

まさに接戦です。

 

 

そして遂に狢坂の監督が登場しました。

 

 

まさかの眼鏡美女です。

 

 

でも台詞からして男前な性格のように感じました。

 

 

姉御タイプなんですかね?

 

 

そして桐生、仲間に恵まれた自信はあると言っていますが、それも桐生自身が努力してきた結果なのではないかと思います。

 

 

桐生のチームメイトを見ていると、どの選手も桐生を信頼し、力になろうとしています。

 

 

どんなに周りの人間に恵まれていても、努力しなかったり変わろうとしない人の所に集まろうとしないし、協力したいとは思わないでしょうし。

 

 

そんな桐生は間違いなく凄い人です。

 

 

さて、遂に最終セットに入りましたが、勝つのは絶好調の木兎がいる梟谷でしょうか。

 

 

それとも柵を取っ払った桐生がいる狢坂でしょうか。

 

 

個人的にはどちらも負けてほしくないです!

 

 

…まあ、どちらかは負けてしまうんですけど。

 

 

そろそろこの試合もクライマックス!次回も見逃せませんね!

 

 

スポンサーリンク

[ad03] [ad-pc2][ad03][/ad-pc2]
タイトルとURLをコピーしました