七つの大罪(第296話)のネタバレと感想!-友情と再会-
スポンサーリンク

 

 

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

七つの大罪(第295話)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

七つの大罪(第296話)のネタバレ!


 

 

“新たなる魔神王の誕生だ!!!”と歓喜の声をあげる原初の魔神。

 

 

共鳴した戒禁がメリオダスのもとへ集結してくる。

 

 

その様子に笑うのゼルドリス。

 

キングやエスカノール、皆が最悪の展開だと焦る。

 

 

すると、諦めるのは、早急だ!!!、と呪文を唱えるマーリン。

 

 

それは禁呪”時の棺(クロノ・コフィン)”、繭の時間を停止させるつもりだと気づいた原初の魔神とゼルドリス。

 

 

マーリンを止めようと攻撃してくるが、エスカノールとキングが阻止する。

 

 

そんな二人に”時間をくれ!”と時間稼ぎを頼むマーリン。

 

 

離れたところからその様子を見ていたリュドシエルとヘンドリクセン。

 

 

“なにもかも終わりだな”と諦めたように呟くリュドシエル。

 

 

マーリンが時間停止”まで操ることに驚きながらも、術が完成する前に殺されるのは目に見えている、エスカノールには原初の魔神を止めるほどの余力は残っていない、霊槍を遠隔操作している術者も、獣二人の攻撃を止めるのは至難の業と言うリュドシエル。

 

 

そしてメリオダスが魔神王として目醒めれば、我々の敗北は決定する、最高神がいない今、魔神王の力へ抗う手段はないと弱気な様子。

 

 

そんなリュドシエルに、あなたがそんなに弱気でどうするのか、三千年前も女神族は人間を励まし導いたと教えられてきたと言うヘンドリクセン。

 

 

その言葉を聞き、”そう、人間たちに慕われ、信仰を受けのぼせ上がっていた、尊大で自信に満ち、他者を駒としか思わぬ〈四大天使〉リュドシエル”と自嘲するように言うリュドシエル。

 

 

しかし、”すべては聖戦に勝利するためだ!たとえお前のように手の平を返して去る者たちがいようとな、と言い、拳を握るリュドシエル。

 

 

リュドシエルの言葉に、自分は何をしてでもギルサンダーとマーガレットを救わねばならなかった、それが彼等の運命を弄んだことへ対する贖罪だと言うヘンドリクセン。

 

 

自分も落ちぶれたものだと言うリュドシエル。

自分に心酔する者がまだいたと有頂天になっていた、と。

 

 

すると、力尽きるように座り込むヘンドリクセン、咄嗟に助けようとし、寸前で止めるリュドシエル。

 

 

座り込みながらも、自分はあなたを今も尊敬し崇拝している、と言って微笑むヘンドリクセン。

 

 

いい加減にしろ、騙されんと顔を背けるリュドシエル。

 

 

そんなリュドシエルに、ドルイドにとって女神族は教義そのもの、あなたは懸命に人間を勝利に導こうとしてくれたと言うヘンドリクセン。

 

 

しかし、ギルとマーガレットへの仕打ちはあんまりだ、弟君の生存がわかってからの狼狽ぶりには、思わず失笑したと言うヘンドリクセン。

それに正直に物を言い過ぎだと怒るリュドシエル。

 

 

しかし “だから、私はもっとあなたのことが好きになりました、あなたも我々と同じ完璧ではない存在だとわかって”と笑いながら言うヘンドリクセン。

 

 

自分ににそう言う趣味は無いと言うリュドシエルに、自分もそんな気はないと言うヘンドリクセン。

 

 

それよりも早く自分を器として使うように言うヘンドリクセン、リュドシエルを崇拝するドルイドではなく、一人の友として、と。

 

 

“覚悟しろ”と言って、ヘンドリクセンへ手を伸ばすリュドシエル。

 

 

だが”健やかなれ”とヘンドリクセンを回復させるリュドシエル。

 

 

それに驚くヘンドリクセンに、”お前ごときの器では、出せる力もだせんわ”と言い、”かつて私にも友がいた、お前と同じくお人好しで、他人のために命を捨て去ったバカな男が”と昔を思い出ながら言うリュドシエル。

 

 

そして”死ぬなよヘンドリクセン”とヘンドリクセンに言うのだった。

 

 

一方マーリン達。

 

 

マーリンを守ろうと戦うエスカノール。

 

 

遠隔操作で戦うキング。

 

 

原初の魔神が”死衝(デス・ドライブ)”と言う攻撃で、エスカノールを吹き飛ばす。

 

 

そしてマーリンに攻撃が向かう直前、何者かがその攻撃を受ける。

 

 

それはリュドシエルだった。

 

 

リュドシエルは”さっさと、呪文を完成させろ!!器なき状態で精神体がいつまで保つか、保証はできぬが、こいつを足止めする程度のことなら保証してやらんでもない!!”と言い、マーリンを護るのだった。

 

 

吹き飛ばされながら、自分のような男が、誰かを護るなんて、おこがましいにもほどがあったと涙を流すエスカノール。

 

 

そんな状態でも、自分のこの命を、「太陽」を引き換えにしてもかまわない。

 

 

誰でもいい、どうか団長を、マーリンを救って、と心の中で思うエスカノール。

 

 

すると、何処からか羽ばたく音が聞こえてくる。

 

 

そして誰かに助けられるエスカノール。

 

 

エスカノールを助けたのは、最強の〈四大天使〉マエルだった。

 

 

そして”まさか、こんな形で再会しようとは、これも『太陽』の導きでしょうか”と言うマエル。

 

 

太陽が見定めし二人が遂に邂逅したのだった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

七つの大罪(第296話)の感想!


 

 

マーリンの禁呪の場面、時間を止める魔法何てあったんですね。

 

 

流石マーリンですが、どうやらこの魔法、発動までに時間がかかるようです。

 

 

一方リュドシエルとヘンドリクセン、リュドシエル、自分の行動を反省しています。

 

 

結構酷いことしていましたもんね。

 

 

そしてヘンドリクセン、そんなリュドシエルに容赦なくダメ出ししています。

 

 

正直すぎていっそ清々しいくらいです。

 

 

この二人、何となく似ている気がします。

 

 

目的のためなら何処までも突っ走る所とか、周りからどう思われようが護るためになんでもやるところとか。

 

 

そんなリュドシエルとヘンドリクセン、新たな関係が始まりそうです。

 

 

一方依然ピンチのマーリン達です。

 

 

エスカノール、見ただけでもボロボロです。

 

 

元々優しい性格のエスカノールです、そんな状態でもマーリンを守りたい一心なのでしょう。

 

 

本当に一途ですよね。

 

 

世の男女に見習ってほしいくらいです!

 

 

・・・私も人のこと言えませんでした。

 

 

さて、そんなピンチに現れるリュドシエル、敵の敵は味方といいますが、どうやら協力してくれるようです。

 

 

そして最後、何とマエルがエスカノールを助けました。

 

 

この二人の再会、吉と出るのか凶と出るのかはわかりませんが、マエルは再会を喜んでいるように見えます。

 

 

それにしてもいいタイミングで現れた二人、流石?四大天使ですね。

 

 

さて、続々と集まってくる七つの大罪メンバー+天使達ですが、メリオダスの魔神王を阻止することは出来るのでしょうか。

 

 

そしてゼルドリスの願いとはなんなのでしょうか!

 

 

次回も見逃せません!

 

 

スポンサーリンク