ダイヤのA act2  第148話 ネタバレと感想 -沢村ピンチ!榊監督の狙いとは-

ダイヤのA act2 第148話 ネタバレ


 

 

由良総合との初戦、一回表、ノーアウトランナー2塁。

 

 

沢村は続くバッターを迎える。

 

 

2塁へと進んだ選手に足があるのを意識し牽制を入れる沢村。

 

 

由良総合の榊監督は沢村のプレーを見て、全方位に神経が行き届いていることに感心し、ならとことん神経をすり減らしてもらおうとほくそえむ。

 

 

セーフティの構えを見せる相手バッターに警戒する沢村だが、警戒しすぎてしまい、結果フォアボールとなってしまう。

 

 

まさかのランナー1、2塁。沢村の元へ駆け寄った御幸は、しっかり腕を振るように指摘する。

 

 

いつもの球なら多少甘くてもそう簡単に打たれない、ここを凌いでウチに流れを持ってこようと沢村を励ます。

 

 

しかし沢村は体がフワフワして足に力が入らなくなってきていた。

 

 

エースだろと自らを鼓舞する沢村。

 

 

だが続く3番バッターの十条は、いきなりバントの構えを見せ、動揺する御幸と沢村。

 

 

しかし片岡監督は、バントで来るならやらせればいいと指示をする。

 

 

試合を見ながら奥村は、西邦との試合の時は、セーフティの構えでも動じず空振りを奪っていたのに、今日はいつもの沢村じゃないと感じていた。

 

 

バントで来るなら3塁で仕留めるという沢村の思いとは裏腹に、十条はヒッティングで対応する。

 

 

詰まりながらも、ボールはレフト線を抜け、その間に2塁にいたランナーは帰ってきてしまいホームイン、由良総合に先制点を取られてしまう。

 

 

この状況から沢村は立ち直れるのか。

 

 

ダイヤのA act2 第148話 感想


 

 

ついに由良総合との初戦が始まりましたが、一回表、いきなりノーアウトランナー2塁のピンチです。

 

 

2塁へと進んだ選手に足があるのを意識し牽制を入れる沢村、本当に冷静な判断ができるようになったとなりましたよね。

 

 

この判断に由良総合の榊監督は、全方位に神経が行き届いていることに感心するといい沢村をベタ誉めです。

 

 

しかしとことん神経をすり減らしてもらおうとほくそえむ様子から、何か策があるようです。

 

 

ちなみにこの場面の榊監督の顔、笑っているのに凄い悪い顔に見えます。

 

 

パッと見ヤのつく職業の人にしか見えません。

 

 

セーフティの構えを見せる相手バッターに警戒する沢村でしたが、警戒しすぎて力が入りすぎたのか、結果フォアボールとなってしまいます。

 

 

まさかのランナー1、2塁、大ピンチです。

 

 

沢村の元へ駆け寄った御幸は、しっかり腕を振るように指摘する。

 

 

いつもの球なら多少甘くてもそう簡単に打たれない、ここを凌いでウチに流れを持ってこようと沢村を励まします。

 

 

ナイスフォローです。しかし沢村は体がフワフワして足に力が入らなくなってきていました。

 

 

エースだろと自らを鼓舞する沢村ですが、続く3番バッターは、いきなりバントの構えを見せ、動揺する御幸と沢村、バッテリーを揺さぶってきます。

 

 

しかし片岡監督は、バントで来るならやらせればいいと指示を出します。

 

 

そしてベンチで試合を見ている奥村は、西邦との試合の時は、セーフティの構えでも動じず空振りを奪っていたのに、今日はいつもの沢村じゃないと感じていました。

 

 

流石キャッチャー、沢村のことをよく見ています。

 

 

私でも今日の沢村は力みすぎていつもの投球と違うと感じるので、チームメイト達はもっと感じているのでしょうね。

 

 

バントで来るなら3塁で仕留めるという沢村の思いとは裏腹に、ヒッティングで対応する相手バッター、詰まりながらも、ボールはレフト線を抜けていきました。

 

 

2塁のランナーはホームまで帰ってきてホームイン、由良総合に先制点を取られてしまいます。

 

 

またまたピンチです。

 

 

今回だけでピンチな状況になりすぎです。

 

 

この状況から沢村はどう立ち直っていくのでしょうか。

 

 

そして榊監督の策とは、来週も見逃せません。