絶対可憐チルドレン 第525話 ネタバレと感想 -パンドラ反撃-

絶対可憐チルドレン 第525話 ネタバレ


 

真木に急襲され、沈むカタストロフィ号。

 

 

艦内も次々と破壊され、宇津美の人格が宿っているノートや、伊号のポットも破壊されていく。

 

 

しかし消え行く宇津美はニヤリと笑う。

 

 

その直後攻撃される真木。

 

 

攻撃をくらい、本来の姿に戻り倒れる分身体。

 

 

分身とのネットワークが切れ驚く真木。

 

 

兵部は真木がカタストロフィ号を狙うと読んでいた。

 

 

パンドラメンバーはカタストロフィ号を罠に使い、反撃を開始する。

 

 

どうやら船体を偽装用粒子で覆って隠れていたらしい。

 

 

敵に攻撃をしかけていたのはパティだった。

 

 

それを松風からの電話で知り、驚くチルドレン達。

 

 

それもそのはず、パティはチルドレンたちの側にもいた。

 

 

どういうことか尋ねるが、パティはボーとしたまま答えない。

 

 

パティをつれて島の端にいる紅葉に送り届けるようチルドレンに指示を出す松風。

 

 

念のため、葉も途中まで迎えにいくとのこと。

 

 

カガリ達も一緒に行こうとするが、宇津見に自分と伊号を護衛してほしいと止められる。

 

 

場面は変わり真木と兵部。

 

 

できるだけ穏便に済ませたかったという真木、能力で左手を武器にする。

 

 

真木の思い通りにはできないという兵部だが、真木はそんなことはない、手足を切断して超能力を封じ、生きたまま閉じ込めれば、考えが変わるまでじっくり話し合えるだろうと言う。

 

 

ぶつかる兵部と真木、しかし今の体では、以前のように反応できず傷を負う兵部。

 

 

いけると確信する真木。手負いの兵部に勝算はあるのか。

 

 

絶対可憐チルドレン 第525話 感想


 

今回の表紙は小さい頃の真木、紅葉、葉の3人、時の流れを感じます。

 

 

さて本編、真木に急襲され、カタストロフィ号が沈んでしまいます。

 

 

艦内も次々と破壊され、宇津美の人格が宿っているノートや、伊号のポットも破壊されてしまいます。

 

 

物凄くピンチです。

 

 

しかし宇津美はニヤリと笑いながら消えていきます。

 

 

その直後攻撃をくらい、分身本来の姿に戻り倒れてしまいました。

 

 

兵部は真木がカタストロフィ号を狙うと読んでいたようです。

 

 

流石です。

 

 

カタストロフィ号を罠に使い、反撃を開始したパンドラメンバー、船体を偽装用粒子で覆って隠れていたらしく、艦の上に謎の人影が見えます。

 

 

能力で敵を攻撃していたのはパティでした。

 

 

それを松風からの電話で知り、驚くチルドレン達、無理もありません。

 

 

パティはチルドレンたちの側にもいました。

 

 

どういうことか尋ねるも、パティはボーとしたまま答えません。

 

 

見た感じ、攻撃しているパティが本物で、チルドレンと一緒にいるパティが偽物のように見えますがどうなんでしょう。

 

 

松風君がパティをつれて、島の端にいる紅葉に送り届けるようチルドレンに指示を出します。

 

 

葉も途中まで迎えに来てくれるようです。

 

 

カガリ達も一緒に行こうとしますが、宇津見に止められてしまいます。

 

 

カガリ達まで一緒に行ったら宇津美と伊号を守る人が誰もいなくなりますもんね。

 

 

そりゃあ宇津美も止めます。

 

 

場面は変わり真木と兵部、できるだけ穏便に済ませたかったと言う真木、今の彼の中では船への攻撃は穏便なのでしょうか。

 

 

能力で左手を武器にする真木、自分を真木の思い通りにはできないという兵部ですか、真木は説得するまで時間を稼ぐと言います。

 

 

手足を切断して超能力を封じ、生きたまま閉じ込めれば、考えが変わるまでじっくり話し合える、物騒な発想です。

 

 

すでに拷問レベルです。

 

 

想像しただけで体が痛くなってきました。

 

 

ぶつかる兵部と真木、しかし兵部は以前のように反応できず、手にケガをしてしまいます。

 

 

いけると確信する真木、そして建物の外では紅葉と葉が心配そうに見ています。

 

 

兵部は真木に勝てるのでしょうか。

 

 

そしてどちらのパティが本物なのでしょうか。

 

 

次回も楽しみです。