あひるの空 第609(406)話 ネタバレと感想‐大栄の綻び‐

マガジン
スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

「あひるの空」のネタバレと感想を紹介します!

 

 

週刊少年マガジン 2019年6号 2019年1月9日発売分です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

あひるの空 第609(406)話 ネタバレ


 

 

『フリースローは外し……それでも18点差……!』

 

 

「さっきのプレイ、僕がフリーだったよ」

 

 

「!」

 

 

「まずは一本! そこからリズムを作りましょう!!」

 

 

 

観客側。

 

 

マネージャーと後輩諸君。

 

 

「何か似てますね、空先輩と15番……」

 

 

「? 小さいからでは?」

 

 

「いや、そういうことじゃないんですけど。動きの所作というか……。すいません、上手く言えないんですけど。もしかして、同じ人に教わってたとか。ハルちゃんがそうだったから……」

 

 

「?」

 

 

「あ、すみません。変なこと言って」

 

 

試合では。

 

 

「また11番!!」

 

 

「リバン!!」

 

 

「ち」

 

 

『ディーフェンス! ディーフェンス!』

 

 

「カントク」

 

 

「大丈夫だ。スコアは遅くなってる。ここからだ」

 

 

「ミネタ!!」

 

 

「タイマン勝負!」

 

 

睨みを利かす峯田。

 

 

「ごめん、なさい」

 

 

「!?」

 

 

後ろから、百春。前に茂吉。挟まれる峯田。

 

 

その時、笛が鳴った。

 

 

『白14番』

 

 

「チャージングだっ!!」

 

 

「やっと、流れが止まった……」

 

 

「先輩、ここ、狙い目です。大栄も完璧じゃない」

 

 

「なんっ『綻ぶとしたら、オマエんとこからだな』」

 

 

(なんで笑み!?)

 

 

峯田のスタメンは、この試合が初めてである。

 

 

理由は後に語られるが、メンバーにそれが伝えられることはなかった。

なので。

 

 

「夏目先輩!」

 

 

「この1パターンがよっ!」

 

 

敵をあざ笑うかのような、見事なフェイントでボールは茂吉に渡る。

 

 

そして、茂吉の十八番、フックシュートが決まった。

 

 

『決めた――長距離フックー!! 九頭高、久しぶりの得点!』

 

 

「さすが、茂吉先輩!!」

 

 

「最初から、そうしてれば「うっさいんじゃ!」」

 

 

次号に続く。

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

あひるの空 第609(406)話 感想


 

 

九頭高VS大栄戦はまだまだ、続きそうですが、大栄の綻びが見え始めました。

 

 

ここが、ターニングポイントでしょう!

 

 

つまり、茂吉だけは大栄に勝れる点。

 

 

茂吉がヒーローになる回ではないでしょうか!?

 

 

ですが、まだまだ点差はあるわけです。

 

 

大栄側もずっと打たせてくれるわけではありません。

 

 

むしろ、ガンガン打ってくるかも。

 

 

ここは、空に頑張って欲しいところです!!

 

 

リバンが取れるかも重要になってきますから、百春、ガンバ!!

 

 

てなわけで、次号に乞うご期待!!

 

 

スポンサーリンク

[ad03] [ad-pc2][ad03][/ad-pc2]
タイトルとURLをコピーしました