DAYS 第278話 ネタバレと感想‐桜高勝利、平の新たな一面が!?‐

マガジン
スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

「DAYS」のネタバレと感想を紹介します!

 

 

週刊少年マガジン 2019年6号 2019年1月9日発売分です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

DAYS 第278話 ネタバレ


 

 

青函学園控室。

 

 

チームメイトのいる部屋に入った平は、一堂に深く頭を下げた。

 

 

「キャプテンとして、チームを勝利に導けなかった。不徳の致すところだ。それに尽きる」

 

突然の謝罪に驚く一同。

 

 

「……はい、お終い」

 

 

「ん?」

 

 

「俺は悪くない。負けたのはお前たちのせいだ」

 

 

今度は非難を始めた。

 

 

またもや固まる一同。

 

 

「ん? 空耳かな。なんか変な感じしちゃって」

 

 

「俺も」

 

 

「もうキャプテンじゃないからな」

 

 

開き直った平は、今回の敗因を冷静に分析し始める。

 

 

これには、みんな怒りを覚えた。中には殴り掛かりそうな者も。

 

 

「そんな中でも光はあった」

 

 

「お……?」

 

 

「平源一郎という男、これが犬童に負けなかったことだ。チームは負けたが、俺個人は負けていない」

 

 

「マジかこいつ」

 

 

完全にチームメイトに引かれる平。

 

 

そして、3年生に引っ張られ部屋を出ていく。

 

 

「後輩ども、後はお前たちの時代だ。楽しめ」

 

 

「ふざけんじゃねぇ! 何が楽しめだ!」

 

 

「反省がねぇぞ!?」

 

 

しかし、心に響いた者、意図を悟った者もいた。

 

 

「……あの平が、ただのサッカー小僧に戻ってしまった……。犬童かおるか……。つくづく不思議な男だな」

 

 

聖跡高校。部室。

 

 

「学校来んの久しぶりだな。6日ぶり?」

 

 

「何か3年ぶりくらいな気がするぜ」

 

 

「次の試合、明日ぐらいでいいのにな」

 

 

「次は来週の土曜日だよ」

 

 

監督がホワイトボードを出す。

 

 

そして、一同を見つめる。

 

 

「そう、次は一週間後。相手は、桜木高校に決まった」

 

 

次号に続く。

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

DAYS 第278話 感想


 

 

青函VS桜高の試合もひと段落、次号からやっと、聖跡のターンがやってまいります!

 

 

いや~、長かった!!

 

 

今号は勝者の桜高よりも青函が描かれました。

 

 

まぁ、桜高は聖跡戦があるのでまだ出さないのでしょう。

 

 

次の試合も、負ければ3年生が引退ですから、負けたところが多く描写されるに違いありません……!

 

 

平と犬童は、水樹と犬童のとは別のライバル関係です。

 

 

ライバルだからこそ、お互いに影響を与え合えますよね。

 

 

平の試合中の表情は、正しく好敵手の対戦があればこそでした!

 

 

犬童はいつも通りに見えますけど(笑)

 

 

今後は、水樹と犬童の表情にも注目です!

 

 

次号に乞うご期待!!

 

 

スポンサーリンク

[ad03] [ad-pc2][ad03][/ad-pc2]
タイトルとURLをコピーしました