火ノ丸相撲 第224話 ネタバレと感想‐鬼丸完全復活!!‐
スポンサーリンク

 

 

 

 

「火ノ丸相撲」のネタバレと感想を紹介します!

 

 

週刊少年ジャンプ 2019年6・7合併号 2019年1月7日発売分です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

火ノ丸相撲 第223話

 

 

火ノ丸相撲 第224話 ネタバレ


 

 

(僕にとって相撲は、“責務”であり“天命”であり、楽しむものではなかったんだ。君と、出会うまでは……)

 

 

それはIH団体決勝、大将戦の決まり手。

 

 

『右下手投げ    鬼 車    』

 

それは大太刀高校を日本一へと導いた決まり手。

 

 

(君を……待っていたんだ。潮火ノ丸)

 

 

ドンッ!!

 

 

草薙の足が力強く地面を踏む。

 

 

「堪えたァ!!」

 

 

(行こう!! IHその先へ!!)

 

 

『鬼嵐』

 

 

すかさず繰り出される技に、堪える草薙。

 

 

火ノ丸の技の原型である鬼車が復活を遂げたということは、つまり派生技の復活も意味する。

 

 

さらに、小兵の技も加われば、いよいよ次の手が読めない。

 

 

それすなわち、仕留めきるまで止まらぬ連続攻撃、技の無間地獄!!

 

 

『猛火よ、渦巻け!! 百鬼薙』

 

 

(まだだ!!まだ僕は君に……全てを伝えきれていない!!)

 

 

草薙には覚悟がある。

 

 

理想に殉ずる覚悟。

 

 

届かぬ、ならば死を選ぶ。

 

 

(違うんだ……、こんなものじゃないんだ……。薫山の金星も、刃皇との現役最後の一番も、違うんだ!!)

 

 

草薙の理想、それは――

 

 

全盛期の大和国の復活――――

 

 

「はぁああ」

 

 

――その道はただ横綱になるよりも不自由で、険しい道のりなのかもしれない。

 

 

再びの孤独。だあ、不安はもうない。

 

 

目指す理想は違えど、より険しく遠い道程を行く彼の“諦めない覚悟”を感じるから――

 

 

「オラァアア!!」

 

 

『龍尾刈り!!』

 

 

――かつて自分を脅かしたその技も、仲間と磨いたこの技も。

 

 

(ワシらはまだ横綱じゃねぇ……。勝って勝って勝ち続けた先で、呼ばせてみせる)

 

 

持てる全てを出し尽くし、誰より自由に土俵に棲まう。

 

 

(これがワシの横綱相撲……鬼丸相撲じゃと……!!)

 

 

体の小さい鬼丸にしか出来ぬ相撲――

 

 

『 百 千 夜 叉 墜 』

 

 

鬼丸だけが行ける道。だが、鬼丸だけでは行けなかった道。

 

 

(久世……みんな……)

 

 

「待たせたな……!!」

 

 

『ワァァアアア!!!』

 

 

 

 

九月場所六日目 草薙●(3勝3敗)―鬼丸○(4勝2敗)

 

 

 

 

「なれよ、大和国に。ワシは大和国を投げたくて相撲を始めたんじゃからよ」

 

 

「…………」

 

 

横たわる草薙に、手を差し伸べる火ノ丸。

 

 

(……初めてかもしれない……。“なれ”と言ってもらえたのは……)

 

 

退場した力士たち。

 

 

この日、冴ノ山関が二敗目を喫する。

 

 

それはワシら“柴木山部屋”にとっての戦い、その始まりを告げるものでもあったのだ。

 

 

-九月場所七日目-

 

 

刃皇―冴ノ山

 

 

大包平―童子切

 

 

御手杵―鬼丸

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

火ノ丸相撲 第224話 感想


 

 

新春は合併号から始まりました、ジャンプ!

 

 

草薙VS火ノ丸(鬼丸)の決着がようやくつきました!

 

 

先号では、9割勝利1割敗退の予想でしたが、素直に勝利でした!

 

 

いやぁ~目出度い!

 

 

しかし、ここで終了ではありません。

 

 

まだまだ、試合は続きます。

 

 

刃皇との戦い、からの勝利を勝ち取るまで火ノ丸相撲は不滅でしょう。

 

 

高校生から始まり、プロの話を描く漫画は多くありませんので、もっと連載が続くことを祈ります!

 

 

では、次号に乞うご期待!

 

 

スポンサーリンク