火ノ丸相撲 第223話 ネタバレと感想‐あの頃の火ノ丸、復活……!‐
前回のネタバレはこちら
↓↓↓
スポンサーリンク

 

 

 

 

「火ノ丸相撲」のネタバレと感想を紹介します!

 

 

週刊少年ジャンプ 2019年4・5合併号 2018年12月22日発売分です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

火ノ丸相撲 第223話 ネタバレ


 

 

「草薙の右上手! 鬼丸の右下手! 互いに力が出る形で胸が合ったー!!

 

 

鬼丸が素早く俵から離れ体制を整える。両者、土俵中央へ。

 

目には見えぬ数多の攻防。

 

 

膠着の裏で殺し合う。均衡は――、

 

 

すぐに均衡は崩れだす――――

 

 

「鬼丸が廻しを切られた!! 草薙が寄る――!!」

 

 

「くっ」

 

 

「頭をつけて半身で堪える! が……、土俵際!!やはり地力で勝るのは草薙なのか!」

 

 

國崎の口から思わず舌打ちが漏れる。

 

 

(……鬼車が打てねぇとなると、そこから派生する技も使えねぇんだ。怪我をする以前の様に草薙とまともに組み合うには、手札があまりにも足りねぇ……!)

 

 

「草薙が引き付ける!!」

 

 

「どうした……」

 

 

刃皇はぼやく。

 

 

「使えよ、右の下手を」

 

 

――怪我したときのショックでわからなくなっちまったんだ

 

 

『鬼車の打ち方』を――

 

 

柴木山部屋。

 

 

「“イップス”……?」

 

 

「いろんなスポーツで聞くよな。野球だとデッドボールがトラウマになってうまく投げれなくなったりとか」

 

 

「……つまり、火ノ丸が投げを打てないのも精神的なものだと……?」

 

 

「……そういう言い方が正しいかは置いといて……。かなり細かく調べたが、特に異常は見つからなかったよ」

 

 

克服するには何年も掛けて向き合わなければならない。

 

 

「火ノ丸みてぇにセンスでやってきた奴は特に大変さ……。とにかく……――」

 

 

もう二度と同じ様には投げられないと思え……――

 

 

「……っ」

 

 

(みんなの技でここまで来れた……。なら……。ワシは、ワシはどうする!!)

 

 

大和国は人をやめ、神となった。

 

 

刃皇は人を謳歌し、神になる。

 

 

 

(ならワシは――。

 

 

小せぇのもワシ、大きいのもワシ。

 

 

小さく強いこの体をワシは……。

 

 

ワシはワシを謳歌する!!)

 

 

 

もしこれに無理矢理理屈をつけるとするならば、火ノ丸の“体”があの頃を思い出したのかもしれない。

 

 

――正調 右下手投げ 鬼車――

 

 

(君を、待っていたんだ。潮火ノ丸……!!!)

 

 

次号に続く。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

火ノ丸相撲 第223話 感想


 

 

これは……どう転ぶのやら!!?

 

 

今まで相撲漫画はあれど、昭和作品ばかりであまりメジャーとは言えませんでした。

 

 

故に今回の展開は予想がまるでつきません……!

 

 

この最後の終わり方が、まだ草薙には何かある、と物語っているようで、案外すんなりと満ち足りた顔で負けてくれそうなんですよ。

 

 

高校時代はお互い1勝1敗でした。

 

 

これで、火ノ丸が負け越していたなら勝ちで間違いないんですがね……。

 

 

まだ、わかりません。

 

 

しかし、イップスを克服したのはとっても目出度い!

 

 

これで、刃皇の気が引けるのではないでしょうか……!

 

 

死にに行くような相撲ではなく、彼の本来の持ち味で横綱に黒星をつけてやって欲しいです……!

 

 

と言う事で、次号に乞うご期待!!