リビドーズ 第8話 ネタバレと感想-父親、ついにリビド化へ-

ヤングジャンプ
スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

 

リビドーズ 第8話 ネタバレ


 

 

深夜、悪夢にうなされ目が覚めたイサム。

 

 

父親に体の異変を相談しようとするが、その父親もリビド化し、変わり果てた姿になってしまっていた。

 

 

その姿を見て、テレビの画面に張り付く父に気付かれないようにと部屋へと戻るイサム。

 

無意識に震え出した身体。

 

 

そして幼馴染みのタカオに相談する他ないと、ガタガタと震える指でLINEを送ったイサムは、送り終わると泣きそうな表情になるのだった。

 

 

未だ捜査が続けられている池袋警察署。

 

 

監視カメラの映像を見ていた女性が、刑事達に、被疑者への面会は可能か尋ねる。

 

 

彼女は宇佐美といい、感染症科の医師だという。

 

 

なぜだと尋ねる刑事に説明する。

 

 

リビドと呼ばれる体の肥大化現象には、フェティシズムやコンプレックスが大きく関係していて、世界で多発する中に異性の家族のみに反応するインセントリビド、少女のみに襲いかかるロリータコンプレックスの習性をもつリビド等、様々な事例があると。

 

 

それらを軽蔑したような眼差しで虫酸がはしると言う宇佐美。

 

 

被害者の女性は風俗店に勤務していた。

 

 

そして被疑者のスマホの履歴からは複数の風俗店の番号があった。

 

 

つまり、このリビドはセッ○スワーカーフェティシズムがあったのではと考える宇佐美。

その言葉に考え込む刑事。

 

 

そんな彼らに宇佐美は被疑者は何階にいるのか尋ねる。

 

 

そしてイサムの自宅。

 

 

なんとか気付かれずにいたが、いつ襲ってくるか分からない状況に、あんな親父知ったことかと部屋の窓から逃げることを決意するイサム。

 

 

しかし、窓に足をかけたところで、テレビが倒れ、大きな音がする。

 

 

更に、外から女性の話し声が聞こえ、リビド化した父親が暴れ始めてしまう。

 

 

外へ出るつもりだと思うイサムは、母の事を思い出していた。

 

 

離婚することになり、謝る母親。

 

 

そして父親はもっと若い女の人が好きなのだと言い笑いながら涙を流す母親の姿を。

 

 

やめろ!クソオヤジと止めにはいるイサム。

 

 

遂にリビド化した父親がイサムを捉えるのだった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

リビドーズ 第8話 感想


 

 

遂にイサムの父親もリビドになってしまいました。

 

 

リビド化した父親が画面を舐めている場面、正直言って気持ち悪いです。

 

 

父親の影も形もありません。

 

 

イサムが恐怖を感じるのも分かります。

 

 

震える手で幼馴染みに助けを求めていますが・・・。

 

 

そして警察署の場面、女医の宇佐美さんがリビド化の理由を説明する場面、リビド化の切っ掛けなど、今までの謎が解けてすっきりしました。

 

 

まさかコンプレックスやフェチがきっかけなんて思っていなかったのでビックリです。

 

 

そしてリビド化した事件の事例内容、ちょっとえ、と言うフェチやコンプレックスばかりでした。

 

 

否定するわけではないですが万人には理解できなさそうです。

 

 

宇佐美さんが冷めた目をするのも納得してしまいます。

 

 

そして最後、父親が外に居る女性に反応して出ようとするのをイサムが止める場面、母の言葉を思い出していますが、若い女性に反応する父親が許せないんでしょうね。

 

 

きっとお母さんの事が好きだったのでしょうから。

 

 

さて、父親を止めるイサムですが果たして止める事ができるのでしょうか。

 

 

それともイサムもまたリビド化してしまうのでしょうか。

 

 

次回も見逃せません。

タイトルとURLをコピーしました