ブラック・クローバー 第186話 ネタバレと感想‐鏡の中の瞳‐

ジャンプ
スポンサーリンク

 

[ad02]

 

「ブラック・クローバー」のネタバレと感想を紹介します!

 

 

週刊少年ジャンプ 2019年3号 2018年12月17日発売分です。

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

ブラック・クローバー 第186話 ネタバレ


 

 

――――時は少し遡って、バネッサ達が“グラマーワールド”に連れて行かれた直後。

 

 

「うおおおお」

 

 

「ひぃぃぃぃ! ごごごっ、ゴードンさんっっ~~~~」

 

 

「オッケー……!」

 

毒呪詛魔法“毒雲の棲家”

 

 

「ぶわぁぁぁ! 何すんですか!! ゴードン先輩ィィィ~~~!!?」

 

 

“マジックコンバート”毒⇒綿

 

 

「うおおお助かった~!! ありがとうございます、グレイ先輩っ!!」

 

 

「いや……、今の連携だからね……アスタくん……ブツブツ」

 

 

「じゃあ後は任せましたよ、ドロワさん」

 

 

「おう、とっとと行け」

 

 

「ヴァルトス――――!! 空間繋げぇ!!」

 

 

「み―ん―な―ぼ―く―か―ら―は―な―れ―て――――」

 

 

「ヘンリー先輩……!!」

 

 

(チャーミングパイセンがいないから、魔力の供給が!!)

 

 

身にまとっていた魔法が水となり溶けてしまった。

 

 

「とんでもねー魔法を見に纏ってたんだ。まだ体がついてけてねーみてぇだなァ」

 

 

(かく言うオレも残りの魔力じゃだいぶ厳しいか――――!?)

 

 

「やれるなバカヤロー共ォォォ――――!! 今、ここで限界を超えろ!!!!」

 

 

「はぁぁぁぁぁぁぁぁい!!!!!」

 

 

大きく返事をしたアスタ達にこの場を任し、奥へ進む団長。

 

 

「あ、何人か行かせちまった。まぁ残っているヤツ瞬殺してすぐ追っかけりゃいーか。さて、かくれんぼだ。全員見つけてやれエクラ」

 

 

「……うん……」

 

 

「気合いじゃどーにもなんねーぞ。人間」

 

 

所々に展開されるおびただしい数の鏡、鏡、鏡。

 

 

「……見て……」

 

 

鏡魔法×瞳魔法 合体魔法“雨縦視の瞳”

 

 

「な……ッッ……」

 

 

固まるアスタ。

 

 

(……体が動かない…………!! それに……魔法も……!!?)

 

 

「エクラの瞳魔法はその眼を見た者を束縛する! 動きはもちろん、視力もな……!」

 

 

「マリーちゃんも……やっぱスゲー子だったのかぁぁ……!!」

 

 

「魔法一つ使えず、無抵抗のまま死んで行け……!」

 

 

「ぐぬぬぬ……!! おおオオオ」

 

 

突如としてアスタの身体から噴き出る黒いもやが広がった!

 

 

「体が……動く! アスタくん!!」

 

 

(魔法の効果を消した――……!?)

 

 

「3人とも……動けますか……!!?」

 

 

「あれは、リヒトの……滅魔の剣!? お前には過ぎた武器だろ、小僧。 死んで返しな」

 

 

そこへ! 変身魔法で鏡を増やす!!

 

 

毒魔法“禁じられた果実”

 

 

屈折した攻撃を咄嗟に打ち返すアスタ。

 

 

「どんだけ強力になっても。ゴーシュ先輩の魔法はよく知ってる……!

 

 

…………………。

 

 

何かムカついてきたんですけど……。変なビームで理不尽に攻撃って……。乗っ取られる前と変わんないんすけどあの人」

 

 

「……そうだね……ブツブツ。それに戻ったら口がすごく悪くなるよ……ブツブツ」

 

 

「あとずっと妹さんの写真見せてきたり、ずっと妹さんの模型つくったりしますぅぅぅ~~~」

 

 

「き―も―ち―わ―る―い――」

 

 

「痛い目、見してでも元に戻して、絶対に文句言ってやる!!!!」

 

 

「仲良しなのはわかったが……。こっちもまだまだこんなもんじゃないぜ……? エクラ、アレをやるぞ……!」

 

 

次号に続く。

 

 

ブラック・クローバー 第186話 感想


 

 

仲間が乗っ取られるのって、精神的に響きますよね。

 

 

しかし、実力的に見るとアスタ達の方が有利。

 

 

鏡魔法は厄介か? と思われましたが、アスタによって瞬殺。

 

 

仲間の意識を取り戻し、団長の行方を早急に追いたいところです。

 

次号に乞うご期待!!

タイトルとURLをコピーしました