switch 第34話 ネタバレと感想‐挑戦への権利‐

「switch」のネタバレと感想を紹介します!

 

 

週刊少年サンデー 2019年2,3号 2018年12月12日発売分です。

 

 

switch 第34話 ネタバレ


 

 

「桃馬がその心臓で生まれてきてくれてよかったよ」

 

 

来夢の言葉に驚く桃馬。

 

その頃、相手チームのベンチでも桃馬の話が繰り広げられていた。

 

 

「あの13番が蒼馬の弟!?」

 

 

「去年のウィンターカップでベスト5に選ばれたあの七澤蒼馬の……」

 

 

「ああ」

 

 

監督は相槌を打つ。

 

 

「中学までは心臓の問題を抱えていて、公式戦で日の目を見ることはなかったようだが……。流石のセンスだな」

 

 

(だが体力・経験が少な過ぎる……。今年のウチの敵ではないだろう)

 

 

現在、桧葉山19点、桜仙18点。

 

 

「桃馬もスタミナ切れちゃったし……」

 

 

「やっぱ桧葉学相手じゃキビしいな」

 

 

静まり返る桜仙ベンチ。

 

 

「「良かった」ってどういう意味だよ」

 

 

凄む桃馬に思わず詰まる来夢だが、直ぐに自信をもって話す。

 

 

「桃馬は、なんで桜仙高に来たんだよ?」

 

 

少し考えて答える。

 

 

「試合出れなくて練習してたら、たまたま監督の目にとまって……」

 

 

「じゃあ、その心臓だったから、桜仙で俺たち出会えたんだろ」

 

 

「? まぁ……そうかもな」

 

 

「なら俺にとっては、お前の胸にキズ痕も苦労も全部含めて良かったんだよ。だって……―― そのキズ痕があるから俺はお前にパスが出せる」

 

 

来夢の言葉が桃馬へ静かに流れ込む。

 

 

「ちょっと今日は無理そうだけど……。ユニフォーム貰えなかったから」

 

 

「2P始めます!」

 

 

「それに桃馬、お前の変なリズムのバスケって、1人でコソ練やってたから身についたんじゃねーの? なら、それも心臓のおかげだろ。……じゃ、俺も出たいけど、歯ぎしりしながら応援するよ」

 

 

来夢の言葉でスイッチが入った桃馬。

 

 

第2ピリオドがスタートする。

 

 

パスをもらった桃馬の前には相手が立ちふさがり、言葉の攻撃を仕掛けてくる。

 

 

(体力に問題あり、メンタルはどうかな……?)

 

 

「弟くんは心臓が悪いんだよな?」

 

 

「!」

 

 

「健康だったらお兄ちゃんみたいなスターになれてたかもしれないのに……。可哀想に、残念だよ」

 

 

桃馬は構わずドリブルに入った。

 

 

(おっ、熱くなるタイプ?)

 

 

(俺は可哀想な奴なのか?)

 

 

(またファールにならない程度の接触で、コイツのリズムをくるわせてスタミナを削る!)

 

 

(……。そのキズ痕があるから俺にパスが出せる……か。俺のキズ痕のことを認めてくれる奴もいるんだな)

 

 

相手はボールをカットしに来る! が、まるで元々横にいなかったかのように空ぶった。

 

 

桃馬は後ろにいたのだ。

 

 

――お前がその心臓で生まれてきてくれて、よかったよ――

 

 

(この心臓じゃ何もできないって、自分で決めつけてただけか……。キズはとっくに癒えているのに)

 

 

(躱された!? いや、これがコイツの―― 本来のリズム!!)

 

 

――“自分世界(マイタイム)”――

 

 

桃馬の放ったボールは、誰に邪魔されることもなく、静かな入出音のみを残して潜り抜けていった。

 

 

「おおっ! 桜仙の13番だ!」

 

 

(俺も、挑戦してもいいのかな)

 

 

switch 第34話 感想


 

 

今週のswitchは桃馬の回でした。

 

 

心臓に抱えていた病も完治しているとはいえ、長年の生活で染みついた劣等感や無意識の気遣いというのは、直ぐ取れてくれるものではありません。

 

 

ですが、兄を失くした来夢だからこそ、ちょっぴりありきたりな恥ずかしいセリフでも様になるのです!?

 

 

兄がいるから持つ劣等感、兄がいないから持てる確信。

 

 

二人をつなぐのはやはり“兄”という存在なのでしょう。

 

 

偉大ですね!

 

 

次回乞うご期待!!