ハイキュー‼ 第329話 ネタバレと感想 全国三大エース桐生の過去

ハイキュー!!第329話のネタバレと感想をご紹介します!

 

 

ついに全国三大エースである桐生の過去が明かされます!

 

 

必見です!!

 

 

ハイキュー‼ 第329話 ネタバレ


 

 

桐生にスパイクを決められ3-2と狢坂有利のまま進む試合。

 

 

黒尾達音駒のメンバーは桐生のプレースタイルについて話し合う。

 

 

そして明らかになる桐生の過去。

 

 

過去の苦い経験から悪球打ちの桐生の異名がつき全国三大エースと呼ばれるようになった桐生。

 

 

その桐生の強烈なスパイクに木兎が取った行動とは。

 

 

ハイキュー‼ 第329話 感想


 

今回のハイキューはセンターカラーでした。

 

 

カラー絵は本編で試合中の木兎です‼

 

 

スパイクを打つ瞬間なのか真剣な表情、カッコいいです。

 

 

そして本編、試合は狢坂高校が有利のまま進みます。

 

 

音駒の幼馴染みコンビを筆頭に桐生のプレースタイルを解析していますが、運動音痴でスポーツの知識が小学生で止まっている私には難しすぎてイマイチ分かりませんでした。

 

 

取り合えず桐生はパワー重視型のブッ放す系とのことで、それだけでも十分凄いのに、「それだけじゃない」と言う黒尾、まだまだ桐生には秘密が隠されているようです。

 

 

そして次のページからは桐生の過去が明らかになります。

 

 

時は中学二年の頃に遡ります。

 

 

当時から飛び抜けて上手く、チームのエースだった桐生は全国大会に出場し同じ三大エースのひとりウシワカのチームと対戦します。

 

 

久々にウシワカが登場しました!

 

 

中二のはずなのに既に貫禄があります。

 

 

桐生もウシワカも中二に見えないのは私だけでしょうか。

 

 

互いにマークされエース同士の対決になっていきます。

 

 

桐生は執拗にマークされ、段々と自分が思った通りのプレーができなくなっていき、ついにトスに対して打つところから逃げてしまいました。

 

 

結局試合には負けてしまいます。試合後、桐生は途中で逃げてしまった自分と逃げずに最後までエースだったウシワカを比べます。

 

 

そんな桐生にチームメイトは責める処か、自分達が頼りすぎていたと謝罪します。

 

 

この後の桐生の涙の場面では桐生の色々な感情が伝わってきます。

 

 

決められなかった自分に対しての悔しさ、謝罪されたことへの辛さや申し訳なさ、そんな経験からどんな球でも打つと決意した桐生は悪球打ちの桐生と呼ばれ、全国三大エースと言われるまで成長したのでしょうね。

 

 

この過去シーンだけであつい男大好きの私は桐生の好感度がグッと上がりました。

 

 

試合に戻り桐生は強烈なスパイクを打ってきます。

 

 

この場面の「ド」という文字の表現だけで、強烈なスパイクなことが伝わってきます。

 

 

そのスパイクに素早く反応した木兎ですが、素早く反応しすぎてしまい前に出すぎてしまいます。

 

 

もしかして顔で受けるのかという予想に反してまさかの胸レシーブでとってしまいます。

 

 

しかも自分で「ナイスサーブ!」と言ってしまいます。

 

 

自分で言ってしまうところが木兎らしくて可愛いです。

 

 

最後に木兎が出てきたということは来週は木兎が活躍する回になるのでしょうか。

 

 

まだまだ試合は始まったばかり、来週も見逃せません。