あひるの空 第607話 ネタバレと感想‐FIN⑪‐

「あひるの空」のネタバレと感想を紹介します!

 

 

週刊少年マガジン 2019年2,3合併号 2018年12月12日発売分です。

 

 

あひるの空 第607話 ネタバレ


 

 

九頭高2点、大栄高校15点。その差、13点。

 

 

ベンチに集合している選手たちに、坂田が声をかける。

 

「点差は開いちゃいるが、そこまで気にしなくていい。それよりも得点のリズムを作ることが先決だ。逆算的だが、あの縦パスをまず完全に封じろ。得点できたところで8秒で返されたら、精神的にもたなくなる」

 

 

坂田は、縦パスの精度よりもむしろDFの隙を突く“目”のおかげで通っているという。

 

 

「ターンオーバーからの数十秒は一番集中力がバラける瞬間だ。まずはその“8”秒をつぶす。オーソドックスなハーフコートバスケに持ち込めれば、考える余裕は作れる。まずはそのスタンスを確立させる」

 

 

しかし、この手は九頭高が有利になる訳はない。あくまでも考える余裕を作るための一手。

 

 

大栄にとって、ただのアーリーオフェンスに過ぎない。

 

 

「千秋、白石にダブルはつけんぞ」

 

 

坂田の言葉に千秋は苦渋の表情を浮かべたままだ。

 

 

「肝心の得点は……?」

 

 

「心配しなくていい。ウチには黙ってても点取ってくれる奴がいるだろ」

 

 

「まぁ「ボクもイケますよ」」

 

 

いち早く反応する夏目を遮った茂吉。

 

 

「この面子ならば僕のところが一番、点がとれる」

 

 

遮られた夏目は茂吉に蹴りを入れた。

 

 

「ワイのターンジャマすんなボケ」

 

 

(ターン?)

 

 

「いけるのかトビ」

 

 

百春が不安げに問う。

 

 

しかし、夏目は“たったの15点”だという。

 

 

「シュートの本数を増やしても“下”が機能してないんじゃイミないぞ。勝負は制空権をどちらがとるかだ」

 

 

「任せてくれ」

 

 

百春は答えるが、その表情はとても固いものだった。

 

 

平塚市総合公園体育館入り口前に、一人の男が立っていた。

 

 

「っふ、良い風が吹いているな。夏の到来かはたまたヒーローが巻き起こす旋風か。……ヤヴァイな、自分で言ってて惚れちまうぜ」

 

 

彼のもとに近寄る女性。

 

 

「ノンスタイルの井上さんですよね、サイン下さい」

 

 

「ちげーわ!!!!! ……ん?」

 

 

人違いされた彼の耳に、少しばかりの音が拾われる。

 

 

(朋誠――か! 初県でここまで来たのは褒めてやるが、神奈川1位が相手じゃ運が悪かったな)

 

 

「リバン!!」

 

 

「百春先輩!!」

 

 

「ここも決めきれない――!」

 

 

八熊と競り合った百春だが、やはり勝てない。八熊はアディショナルタイム以前との明らかな違いを感じ取った。

 

 

(――……、なんだぁ……!? アイツ、こんな張り合いなかったっけ)

 

 

一方、白石と対峙する千秋。

 

 

「白石、オマエを殺、止める」

 

 

白石は溜息をつく。

 

 

「なんか忘れてるだろ」

 

 

「!」

 

 

「スリー!!!」

 

 

千秋の脳に過去の千葉の言葉が蘇った。

 

 

“アイツを――ただの地区敗退したプレイヤーにするなよ”

 

 

(いや、チバさん――。コイツ、トキワよりスゴイんですが)

 

 

「これで、18対2……!! 絶望的な実力差……!!」

 

 

「あんさん、こっち回してくれ。ちょいと、暴れるワ」

 

 

あひるの空 第607話 感想


 

 

遂にエースが巻き返すのか……っ!!? という良いところで今号は終了です。

 

 

白石の攻略、これが鍵になるのは間違いありません。

 

 

16点差を巻き返すには、普通のシュートで8回、3ポイントシュートで数えれば6回。

 

 

相手を抑えてそれ以上の回数が必要です。

 

 

格上を抑えるのに今でもできていないのに、巻き返すなんて現実ではか・な・り、無謀と言えます。

 

 

トビ!!! 頑張ってくれ!!!!! そして、空も活躍してくれ!!!!!

 

 

この気持ちは皆さん、同じでしょう。

 

 

サブタイトルにもありますが、FINに入ってか早くも⑪の回です。

 

 

そろそろ、クライマックスへと進みだす頃合いでしょう。

 

 

つまり、何が言いたいかというと……

 

 

来号に乞うご期待!!