アオアシ 第160話 ネタバレと感想‐驚くべき指摘‐

「アオアシ」のネタバレと感想を紹介します!

 

 

ビッグコミックスピリッツ 201923合併号 20181210日発売分です。

 

 

ハーフタイムに突入し、問題点をバックラインと話し合おうとするアシト達。

 

 

そこに先輩から声が掛けられます!

 

 

これは、アシトに信頼を寄せ始めているのでしょうか!!?

 

 

気になる続きをどうぞ!!

 

 

 

 

「小早川さんと俺も、話に加えてくれや」

 

 

突然の声に思わず驚きを見せるアシト達。

 

 

「どういう話をするつもりだったんだ、青井。DFだけで」

 

 

「え…、あぁ…!!それはもう、即修正っス!!

 

 

アシトの言葉に視線を向けるコーチ陣。

 

 

なんだかんだアシトの行動はコーチ陣にも興味を引かせています。

 

 

「うまく守れてたはずやった…。やのに、前半終了間際でいきなり崩れた!!正直、理由がわかんねえ。でも、突き詰めなきゃな!けど、うまく守れてた時間もあった。それは間違いねぇ! だから、全部を変える必要はねぇんだ! そこは自信持たにゃあ!!」

 

 

いやぁ、いいことを言いますね。

 

 

アシト自身の視野の広さがなければ生まれない発言でしょう。

 

 

この案に乗った先輩の思い切りの良さ、さすがエスペリオンのプレイヤーです。

 

 

「福田監督、5分だけ時間いいですか」

 

 

「いいよ。俺も、もーちょっと時間かかるから」

 

 

「お前らが一番聞きたいのは、あのサイドチェンジからの流れだろう?」

 

 

「あのプレー一つでどうしてここまで混乱したのか」」

 

 

「……! はい!」

 

 

「ただな、問題にすべきはサイドチェンジよりもっと前なんだよ」

 

 

その言葉に驚くアシト達。

 

 

“縦とのコンパクトな距離感”が真の意味でできていなかった、と言われます。

 

 

「できていないって…、あれだけ意識してつめたのに?」

 

 

「俺の言ったことを、額面通りにやっちまったなあ! あのタイミングで言うのは早すぎたか?」

 

 

縦への指示を出した先輩は、後悔の念を薄っすら浮かべます。

 

 

しかし、焦りはありません。

 

 

アシト達はある意味、先輩の指示に応えようとしたからこそ今回の失敗に繋がりました。

 

 

新しい試みへのチャレンジには失敗も付きものです!

 

 

味方同士で距離つめればそれだけで守れる、若さが出た、とも先輩は言います。

 

 

つまり経験の浅さが出てしまった、と言う事でしょう。

 

 

「その結果、お前らのラインは気付かぬうちにどんどん前がかりになり、崩れていった。それを自覚すらしていないお前達に向かって、VANSは虚を突いてきた。サイドチェンジだ」

 

 

いつものアシト達であれば防げていた攻撃が、縦を意識しすぎたことによりできなかったのです。

 

 

自信があるあまり、防御網が崩れた瞬間のショックで立ち直れず、引きずってしまった。

 

 

これが真髄なのでしょう。アシト達はひどく動揺してしまいます。

 

 

(気づかなかった…。うまく守れてたつもりが、崩れるほど前がかりになっていたなんて…。でも…どうしたら良かったんや、それ…。

「縦にコンパクト」なんやろ!? つめる以外にどうしろって…!?)

 

 

「どうしたら良い」

 

 

思考に没頭していたアシトの後ろから、富樫が質問します。

 

 

「教えてくれ」

 

 

富樫は本当に変わりましたね!

 

 

自分の非を認め、他人に助力を乞う姿は昔では考えられません。

 

 

「ただ、つめれば良いという意識を今すぐ消してくれ。

 

 

守備はケースバイケース。

 

 

相手のレベルが高いほど状況はめまぐるしく変わる。

 

 

それを踏まえ、「真の意味でのコンパクトな守備」を身に着けて欲しい」

 

 

「つ、つめる距離をそのつど考えろってことすよね!? でも、状況ごとに俺らだけでそれを探ってくなんてムリじゃ…」

 

 

「お前ら、この2か月間それをやって来たんじゃなかったのか?」

 

 

その後も先輩の話は続きます。

 

 

「なあ、お前ら全半に一度でも、俺らにまともに要求をしたか?」

 

 

(あ…)

 

 

「コーチングを、アイコンタクトを、対等な立場でしたか?」

 

 

(あ)

 

 

「連携の必須条件だ。良くわかっているはずだろ?」

 

 

「気づいてたか? 先輩相手に引いてんだぜ、お前ら。厳しい条件でいっぱいいっぱいなんだろうけどよお」

 

 

「もう一度言う。対等にプレーしてこい! 目を見合え。指示をし合え。そうして初めて「適正な距離感」が生まれるんだろ!? お前ら4人でやれることを、なぜ俺達にしてこない!?」

 

 

「お前らがロープでつなげた連携力…そのロープ、前の俺達にもつなげるくらいの気持ちで来い!」

 

 

本当の意味で信じ切れていなかったのは、アシト達だったわけです…。

 

 

先輩、先人の言葉はいつの時代も深いですね…。

 

 

富樫だけは前半から割と指図していたので、疑問が浮かんでいます。

 

 

お互いにモチベーションを上げたのを見計らい、福田監督が声を掛けます。

 

 

「福田監督」

 

 

「お待たせ! ようやくまとまった! ミーティングしようや!」

 

 

再び唖然とするアシト達。この回は4人の固まる描写が非常に多いです。(笑)

 

 

「いや、本当に良い話してくれたぜ。助かった!今から俺が言う戦術は、縦・横ともに徹底した「コンパクトな距離感」が必須だからな。念押す手間が省けた! 小早川と秋山の話に俺が最後のピースをはめ込むカンジだ!」

 

 

「ピ、ピース?」

 

 

「んじゃ…」

 

 

「あ、あのー、福田カントク!」

 

 

元木が福田監督の話に横入りします。

 

 

監督がいつミーティングを始めるか分からないから、トイレに行ったとのこと。

 

 

呼びに行こうか、と聞いた元木に福田監督はあとで個別の話もあるから、と断ります。

 

 

アシトだけはその雰囲気に何かを感じ取りました。

 

 

「そもそもよォ、お前ら。「コンパクトに守る」っていうことの、本当の意味は何だと思う?」

 

 

「は?」

 

 

教育者の顔をした福田監督。

 

 

「全ては、「ボールを奪いにいくための準備」。これだよ。今から言う戦術を、後半開始から実践しろ。ハマれば、特に1年生…お前らのサッカー観がひっくり返るぜ」

 

一面を使った描写、しかも足元から上に向かってのアングルショット。

 

 

大空が広がる描写はサッカー観が変わる、という言葉がとても上手に表れています。

 

 

――そのころ、桐木はというと…

 

 

「ユニフォームでこんなとこまで顔を洗いに来るのか。わりと自由な奴だな、お前」

 

 

「栗林…!? なんでお前がここに…」

 

 

「桐木。何やってんだお前?もし今日負けたら、お前、戦犯になるぜ

 

 

これは、栗林に言われたくなかった一言でしょう…!

 

 

桐木の表情が怒りに染まって、今回は終了です。

 

 

アオアシ 第160話 感想


 

合併号なので、読み応えがありました!!

 

 

今は学びのときなのでしょう、アシト達の唖然とした顔も人揃っていて面白かったです。

 

 

サブタイトル通りの内容でした。

 

 

次号は桐木がいかに自分と向き合えるのかが問われそうですね。

 

 

栗林との間にある劣等感を無事昇華し、エスペリオンに勝利を掴ませて欲しいものです……!

 

 

アシト達の成長も見守っていきましょう!