ジンメン(第133話)のネタバレと感想!-遂にサファリ到着!あの日のデート。そして思い出写真!-
スポンサーリンク

 

 

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

ジンメン(第132話)

 

 

スポンサーリンク

 

 

※配信期間終了している場合があります

 

 

ジンメン(第133話)のネタバレ!


 

 

サファリに向かうマサト達。

 

 

周りを見ながら、”日が傾くにつれて鳥の数が減っていっているような”、と言う李。

 

その問いに、”見つかってはいないはずだが・・・我々をまた襲うために仲間を呼んでいるのか?”、と疑問に思いながらも、周りにジンメンの気配はないし、一応の警戒もしているので問題はないと言う像ジンメン。

 

 

“見ろ、着いたぞ。”

 

 

そして漸くサファリに到着した。

 

 

“長かった”、と言う李。

 

 

地面にある残骸を見たマサトは、ここがサファリの門だった場所だと気づき、最初ここから逃げ出したことを思い出していた。

 

 

中を進んでいくマサト達。

 

 

サファリの中は変わり果てた姿になっていた。

 

 

無言のマサトに、”見ろ、ハナヨの檻だ”、と声をかける中田。

 

 

そこにハナヨの頭蓋骨く像のジンメン。

 

 

それを見て、”お帰り、ハナヨ”、と呟き、ちょっと降りてもいいかと像ジンメンに尋ねるマサト。

 

 

少し考え、”今なら問題はあるまい”、と言ってマサトを降ろすのだった。

 

 

ハナヨの檻の中に入っていくマサト。

 

 

檻に触れながら、”ここで始まってここで終わる・・・俺も・・・ハナヨと同じだ・・・”、と。

 

 

その様子をドアの影から見ていたヒトミは、やっぱり自分は部外者だ、と手を握りしめていた。

 

 

結局ここまでマサトのためになにかできたことなどない。

 

 

今もこんなに苦しむマサトを見てもできる事なんてひとつも、と無力感に苛まれる。

 

 

その時、ポケットの中に入っている何かに気づき、マサトに声をかけるヒトミ。

 

 

“デートの続き、しよ”、と。

 

 

あの日、元々ここにはデートに来ていたのだから、と。

 

 

思わずヒトミの名を呼ぶマサト。

 

 

そこへ、”いいじゃないか”、と言いながら中田が現れる。

 

 

そして、少しでも二人きりで、と言う中田に、”中田さんも一緒に”、と言うヒトミ。

 

 

自分もかと驚く中田に、”そうだよ!昔から一緒だったんでしょ!ならずっといてよ!”、と。

 

 

“あのときからサファリじゃ4人で一緒だったでしょ!”、と言うヒトミ。

 

 

結局三人でいくことに。

 

 

サファリの中を歩くマサトとヒトミ、中田。

 

 

そこにはオオカハガミにより、元の姿に戻った動物達が沢山いた。

 

 

ぎこちないながらも笑みを浮かべるマサトとヒトミ。

 

 

暫くし、李達の元へ戻る。

 

 

“やっと戻って来ましたか”、と安心したように声をかける李。

 

 

ジンメンが現れないことに疑問を持ちながらもなにもなくてよかった、と。

 

 

ここで再び声をかけるヒトミ。

 

 

“最後にまた4人で写真とらない?”、と。

 

 

ポケットの中に入っていたのはカメラだった。

戸惑うマサト達。

 

 

今更なぜ、と尋ねる李に、お願いだと、これが最後だから、と。

 

 

マサトはもういなくなってしまう。

 

 

このままでは思い出しかなくなってしまう。

 

 

自分は忘れたくないと。

 

 

“写真があれば・・・残るんだから・・・マサトがここにいたってことは残るんだ・・・私の大好きな人がここにいたってことが・・・残るんだ・・・!”、と涙を流しながら言うヒトミ。

 

 

これで終わりじゃない。

 

 

これからもずっと残るのだ、と。

 

 

その言葉に、ヒトミを抱きしめるマサト。

 

 

そして、”ありがとう、ヒトミ”、と礼を言うのだった。

 

 

そして、写真を撮るマサトとヒトミ、中田とハナヨの頭蓋骨。

 

 

撮り終わり、写真を見たマサトは口許に笑みを浮かべ、皆に礼を言うのだった。

 

 

頭上に飛ぶ戦闘機にも気づかずに。

 

 

スポンサーリンク

 

 

※配信期間終了している場合があります

 

 

ジンメン(第133話)の感想!


 

 

やっとサファリに着きました!

 

 

ここまで長かったですよね。

 

 

そしてハナヨも一部だけですがサファリに帰ってくることができました。

 

 

でもマサト、表情がどんどん暗くなっています。

 

 

そんなマサトを見守るヒトミの場面、ヒトミの表情から、無力感や悲壮感などがこちらにも伝わってきて辛かったです。

 

 

大好きな人に何もすることができないなんて、私には想像もつかないくらいしんどい事でしょう。

 

私的には、ヒトミが傍にいてくれたことでマサトが助かった場面は沢山あると思うので、決して無力ではないと思うのですが・・・。

 

 

ヒトミからしたらそうは思えないですよね。

 

 

そんなヒトミ、ポケットの中の何かに気づいてマサトにデートしよう、と声をかけました!

 

 

まさかの言葉にマサトも驚いたことでしょう。

 

 

でもそうですよね。

 

 

本当ならあの日、楽しいデートをしていたはずなんですよね。

 

 

その後のデートの場面も、ぎこちない笑みを浮かべたり、手を繋いだりと、あの日するはずだった事を取り戻すような感じにグッときました。

 

 

そして四人で写真を撮る場面、この時のヒトミの言葉にもじーんとさせられました。

 

 

写真によって思い出は残る、と言う当たり前のようで、今まで誰も考えなかった方法で、マサトがいた証を必死に残そうとするヒトミを見て、マサトも嬉しかったのではないでしょうか?

 

 

写真を撮り、少しだけ和やかな雰囲気になってホッとしたと思い気や!

 

 

マサト達の頭上に戦闘機のようなものが飛んでいました!

 

 

偵察っぽいですが、状況からして味方ではなさそうです・・・。

 

 

一難去ってまた一難!です。

 

 

さて、遂にサファリに着いたマサト達ですが、またもや怪しい影が現れそうです。

 

 

次回も見逃せません!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ジンメンを無料で読む方法


 

 

ネタバレもいいですが、やっぱりイラスト付きの方がいいですよね?

 

 

そんなあなたに私がいつも利用している電子書籍を紹介します♪

 

 

しかも!!

 

 

無料で読めちゃうんです!!!

 

 

無料で読むなら私も利用している「U-NEXT」がおすすめ♪

 

 

 

 

→→ U-NEXTをとりあえず覗いてみたい方はこちら

 

 

 

「U-NEXT」はアニメ・ドラマ・映画など、10万本以上の動画配信サービスをしています。

 

 

そんな「U-NEXT」で、実は漫画も読むことができるのです!!

 

 

しかも新規登録から31日間は無料で読めます!!

 

 

31日以内に登録を解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができちゃうんです♪

 

 

私みたいな漫画好きにはたまりませんね(笑)!

 

 

もちろん、利用してそのまま続行していろんな漫画を読むのも良いですよ!

 

 

ただ、最新巻などを読むときはお金がかかってしまいますが、今なら特典で600円分のポイントが貰えますよ。

 

 

とてもお得なので、お試しあれ♪

 

 

気になった方は今すぐ「U-NEXT」「ジンメン」と検索検索♪

 

 

→→ U-NEXTで「ジンメン」を無料で読む