ゴールデンカムイ(第194話)のネタバレと感想!-敵の武器はガス&氷柱?銃に取りつかれた菊田のコレクション!-
スポンサーリンク

 

 

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

ゴールデンカムイ(第193話)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ゴールデンカムイ(第194話)のネタバレ!


 

 

トニ達に襲撃された菊田。

 

しかし、”海賊が眼帯をしているのは暗さに目を慣らすためだという”説”もある”の教訓から、夜間の戦闘も想定し、日暮れ前から眼帯をしていた菊田の左目は完全に暗闇に慣れていた。

 

 

敵に向けて正確に発砲する菊田。

 

 

菊田が見えていることに気づいたトニは、自分達が不利だと仲間達に一旦引き、谷”へ下りるように指示を出す。

 

 

後を追う菊田。

 

 

トニ達が逃げたのは地獄谷。

 

 

そこは現在よりも火山ガスが活発であった。

 

 

その為、ガスによりトニ達を見失ってしまう菊田。

 

 

“なんにも見えねぇ”、と呟きながら周囲を警戒する。

 

 

一方、音を拾うため耳に装置を付けるトニ。

 

 

石が転がる音に反応し、発砲する菊田。

 

 

しかし発砲音により菊田の位置を把握した男達。

 

 

その一人がトゲの付いた棒で菊田の背中を殴打し、服を絡め捕り動きを封じる。

 

 

動きを封じると、トニが位置を確認する。

 

 

そして菊田の胸を銃弾で撃ち抜く。

 

 

倒したと確信する男達。

 

 

しかし、倒れることなく敵の一人を撃ち殺す菊田。

 

 

驚くトニ。

 

 

菊田は服の中に大量に忍ばせていた銃により直撃を免れ、無事だった。

 

 

“ふざけやがって、俺の大事な戦利品を・・・”、と怒り心頭の菊田。

 

 

菊田は戦争時、倒したロシア軍将校から銃を奪うことに取りつかれていた。

 

 

特にナガンM1895がお気に入りで、部下にも探すよう頼んだほどだった。

 

 

すると菊田の背後に別の敵が忍び寄る。

 

 

背後の敵に気づき、振り返り銃を構える菊田。

 

 

しかし、その敵の背後から現れた宇佐美が”撃たないでくださーい”と言いながら敵を銃剣で突き刺す。

 

 

血を吐きながらも、”ほかにも仲間が来てるぞ”、とトニ達に叫ぶ敵の男。

 

 

菊田がその男を銃殺する。

 

 

その間トニを狙撃する二階堂。

 

 

形勢不利だと悟り、ガスに紛れながら山の方へと逃げるトニ。

 

 

そこへ銃声を聞きつけた有古もやって来る。

 

 

そして、自分が見たものは刺青だったと調査結果を報告する。

 

 

有古の報告を聞いた菊田は、”追うぞ!!ついて来い”、と言ってトニを追って山の中へと入るのだった。

 

 

山の中を進む菊田・有古・宇佐美の三人。

 

 

二階堂は別行動のようだ。

 

 

進みながら、宇佐美に対し、助太刀する頃合いが良すぎた事を指摘し、抜け駆けするつもりだったな?と尋ねる菊田。

 

 

“・・・いやあ〜 バレました?”、と悪びれた様子もなく言う宇佐美。

 

 

そんな中、なぜ、刺青の囚人達は危険を犯してまで第7師団御用達の温泉地に潜伏していたのかと疑問に思う有古だった。

 

 

一方、別行動を取っていた二階堂は、自分達が倒した相手が、自分達に按摩をしていた按摩師であることに気付く。

 

 

トニの足跡を追う菊田達三人。

 

 

その足跡は洞窟の中へと続いていた。

 

 

古い坑道で、小さい頃入ったことがあると言う有古。

 

 

他に出口は、と尋ねる菊田に、崩れていなければ他にもいくつか出口が存在するハズだ、と。

 

 

奥からはトニが位置を確認するときに鳴らす音が聞こえていた。

 

 

“マッチはつけるな。いい標的になる”、と言う菊田。

 

 

そして坑道に入っていく。

 

 

トニにバレないよう明かりを付けず暗闇を歩く菊田達。

 

 

何も見えない中慎重に進むが、氷の柱のようなものが宇佐美の足に当り、音を鳴らし崩れてしまう。

 

 

その音を頼りに暗闇の奥から銃弾が放たれ、足を撃ち抜かれる宇佐美。

 

 

菊田が足下に何かある事に気づく。

 

 

宇佐美が先ほど折ったのは氷筍(ひょうじゅん)と言って、地面から逆さまに生えるツララのようなものだった。

 

 

下手に動くとこちらの位置がバレると思い、動けない菊田達。

 

 

そんな菊田達に”形勢逆転だ”、と呟くトニ。

 

 

そして暗闇の中から銃を向けるのだった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ゴールデンカムイ(第194話)の感想!


 

 

交戦中の菊田の場面、菊田、暗闇でもバンバン当てています。

 

 

この時、説明例の海賊の眼帯姿がつっこみ満載ですが、どうやら眼帯をしていたことで、菊田の片目は暗闇に慣れているようです。

 

 

夜間での戦闘も視野に入れて対策をしている菊田、本当に用意周到な男です!

 

 

一方、撤退するトニ達ですが、逃げた先の谷からでるガスによって菊田の目を見えなくするのが目的のようです。

 

 

ここからトニの本領発揮!

 

 

菊田、胸を撃たれてしまいました!

 

 

大ピンチかとと思いきや、なんと菊田、服の内側に武器を仕込んでいて、そのお陰で無事だったようです。

 

 

それにしても凄い数の銃です。

 

 

戦争時の戦利品とのことですが、部下に頼んでまでってどんだけ収集にとりつかれているのでしょうか?

 

 

そして尚も狙われる菊田ですが、そんなピンチに現れたのは宇佐美!

 

 

二階堂や有古の姿もあります。

 

 

どうやら宇佐美達、別ルートで待ち伏せし、手柄を得ようとしていたらしいです。

 

 

何だかんだ菊田達の話を気にしていたんですね。

 

 

そして何故か別行動の二階堂、増援を警戒しての配置ですかね?

 

 

また新たな敵が現れる!・・・見ないな?

 

 

一方、トニを追って坑道へと入る菊田達の場面、下から生えてるつららのようなもののせいで、下手に動けばトニに居場所がバレてしまう状態になり、菊田達、またまたピンチです。

 

 

暗闇ならトニの方が有利でしょうし、これはどちらが勝利するかわからなくなってきました。

 

 

さて、ピンチの菊田達ですが、勝利するのはどちらでしょう?

 

 

そして二階堂はどこに?

 

 

次回も見逃せません!

 

 

スポンサーリンク