絶対可憐チルドレン(第534話)のネタバレと感想!-案山子VS女子のマストアイテム!?&遂に感動の再会!-

サンデー
スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

絶対可憐チルドレン(第533話)

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

絶対可憐チルドレン(第534話)のネタバレ!


 

 

敵エスパーに待ち伏せされていたチルドレン達。

 

列車内は不利だと悟り、外に脱出するよう指示を出す松風。

 

 

しかし、高速鉄道は窓が開かず、ノイズでテレポートも出来ない。

 

 

そこで窓を割って脱出する。

 

 

皆本達に化けていたのは案山子だった。

 

 

藁がキーワードの合成能力、もしかしたら他のものもコントロールできるかもしれないと危惧する志穂。

 

 

開けた場所なら自分の念動力の方が有利だと追撃しようとする薫。

 

 

しかし、周りを見渡し、有ることに気がつく。

 

 

周りが全て麦畑だということに。

 

 

これで案山子の材料には困らない。

 

 

そこに敵が現れる。

 

 

“我がコードネームは「スケアクロウ」・・・!!黒い幽霊の命により、お前達を捕獲する!”、と言うスケアクロウ。

 

 

その見た目や台詞につっこむチルドレン達。

 

 

ノイズでテレポートを封じられ、相手は藁の集合体。

 

 

恐らく薫の打撃も効かず、考えあぐねる松風。

 

 

すると悩むことはないと言って何かを取り出す志穂。

 

 

” 鉄道を利用する際、女の子の化粧ポーチには必ず入っている便利アイテム!リップスティック・・・型超高熱ポラズマトーチ!”を。

 

 

“金属溶接もできる3000℃の炎で着火してあげる!!”と言う志穂に、それは女子のマストアイテムではないとつっこむ葵と悠里。

 

 

薫に空気を動かし、藁くずと空気の混合率を最適化し、炎が大きくなったら火球にして敵にぶつけるよう指示を出す志穂。

 

 

“了解!”、と言って実行した薫。

 

 

何かに気づいた松風が必死に止めようとするが間に合わず、”念動火炎弾幕”、と名付けた攻撃は勢いよく敵に激突するのだった。

 

 

一方、皆本達の元へは兵部の姿があった。

 

 

元気そうで何より、再会を祝って、
一緒に食べようと思い、駅弁を買ってきたと言う兵部。

 

 

しかし、”どうやらそんな場合じゃなくなった”、と。

 

 

そんな兵部に嫌そうな表情をしながらも、”迎えにきてくれて感謝する”、と礼を言う皆本。

 

 

それを指摘しながらも、本当はチルドレンたちが来る予定だったが、ギリアムの罠にかかってしまったと連絡が来たことを伝える兵部。

 

 

どうやら敵は皆本達の考えを読んでおり、臨時列車を仕立てたらしい。

 

 

ならばなぜ兵部がいるのかと言うと、皆本達の再会を冷やかそうとフランクフルトから乗っていたからだった。

 

 

“じゃああの子達は今_”、と尋ねる管理官に、”敵エスパーと交戦中だ”と答える兵部。

 

 

後五分ほどで現場に到着することも。

 

 

連絡に動画を使ったのは失敗だったかと悔しがる皆本。

 

 

ギリアムの粘着度はこちらの予想以上だと言う賢木。

 

 

しかし、話を聞いていた兵部は、”僕が思うに奴は暗号を解読したのではなく_”、と意味深な事を言いかけ、現場付近に到着しそうなことに気づき、話しは後だと言うのだった。

 

 

沿線で火災が発生していることに気づいた運転手により、列車は緊急停止する。

 

 

皆本達も”行くぞ”、と現場に向かうのだった。

 

 

その頃、チルドレンたちの攻撃により、案山子は大ダメージを受けていた。

 

 

しかし、火が広がりすぎて、自分たちも危ない状況。

 

 

炎をガードしても一酸化炭素でやられてしまう。

 

 

どうやらここまで計算してなかったようで、計算外の事態だと言う志穂に、計算しといてとつっこむ松風。

 

 

その時、””爆風消火”を利用するんだ!炎に衝撃波をぶつけて、爆圧で消火する!”、と指示する声が聞こえる。

 

 

その声に驚く一同。

 

 

火元を周回しつつ外側から衝撃波を連射。

 

 

一酸化炭素が血液に吸収されたらあっという間に意識が途切れる。

 

 

これ以上濃度が上がれば逃げられない、と消火を急ぐように言う声に、”了解”、と言いながら懸命に消火しようとする薫。

 

 

その甲斐もあり、消火と敵のエスパーの案山子を倒すことに成功する。

 

 

するとどこからともなく、”よくやった!!さすが”チルドレン”だ!”、と言いながら現れる人影。

 

 

それは皆本だった。

 

 

皆本の姿を見た薫は、漸く再会出来たことに涙を浮かべながら喜ぶのだった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

絶対可憐チルドレン(第534話)の感想!


 

 

敵エスパーの罠に嵌まった薫達です!

 

 

咄嗟に脱出し、開けた場所に出たチルドレン達の場面、形勢逆転!と思いきや、なんと回りは麦畑、そう、敵エスパーの案山子を作り放題の状態にしてしまいました!

 

 

・・・まんまと敵の罠にはまってしまいました。

 

 

しかも敵のエスパー、麦を使って巨大な案山子を作りだします!

 

 

なんという勿体ないことをするのでしょう。

 

 

農家の人が知ったら激おこ間違いないでしょう。

 

 

そんなピンチを志穂があるアイテムで救います。

 

 

それは女子必須のリップスティック!・・・に見せかけた超高熱プラズマトーチでした!

 

 

・・・どう考えても女子が持つアイテムではありません。

 

 

痴漢した相手に使っても大惨事です。

 

 

それはともかく、それで爆炎を作って攻撃しました!

 

 

何故か必死に止める松風が気になりますが・・・。

 

 

一方皆本達の元へは何故か兵部の姿がありました。

 

 

なんと兵部、感動の再会を冷やかそうとフランクフルトから乗っていたようです。

 

 

なんという野次馬根性、相変わらず大人げないです。

 

 

そして兵部、ギリアムは暗号を解いたわけではないといっていますがどういうことでしょう?

やっぱりスパイがいるのでしょうか?

 

 

そしてチルドレン達、攻撃は効きましたが、炎の勢いが強くて別のピンチに襲われていました!

 

 

だから、松風、必死に止めていたんですね。

 

 

そして志穂、ここまで計算してなかったようです。

 

 

何だかんだいつも詰めが甘いですよね・・・。

 

 

そんなピンチを救ったのは皆本です!

 

 

テキパキと薫に指示をだし、あっという間に消火させました!

 

 

流石皆本!できる男です。

 

 

そして最後、薫と皆本、やっと再会出来ました!

 

 

いやー長かった、別れてから実際は数ヵ月位なのでしょうが、何年振りかの再会のように感じます。

 

 

さて、遂に再会したチルドレンと皆本、ここから逆転となるのでしょうか?

 

 

次回も見逃せません!

 

 

スポンサーリンク

[ad03] [ad-pc2][ad03][/ad-pc2]
タイトルとURLをコピーしました