ジンメン(第131話)のネタバレと感想!-三美の告白と懺悔&グリゴロー再び!-
スポンサーリンク

 

 

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

ジンメン(第130話)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ジンメン(第131話)のネタバレ!


 

 

ハナヨの亡骸と再会したマサト。

 

 

その亡骸は雨風に晒され獣に喰われ、見るも無惨な姿になっていた。

 

“久しぶり・・・ハナヨ”、と声をかけるマサト。

 

 

そしてこれまでのことを語り始める。

 

 

ハナヨがくれた手紙のお陰でミズカガミが発動できたこと。

 

 

多くの動物が救えたこと。

 

 

オオカガミの起動方法もわかり、ハナヨの仲間も助けることができること。

 

 

“全部・・・お前がいてくれたお陰だ・・・ハナヨ”、と。

 

 

語り終わり、ハナヨの頭の骨だけでも持っていけないかと言うマサト。

 

 

今、全てを運ぶのは大変だろう、と。

 

 

それに了承し、ハナヨの頭蓋骨を運ぼうとする像のジンメン。

 

 

その時、三美が衝撃の告白をする。

 

 

自分がハナヨを殺した、と。

 

 

驚く一同に、自分が撃ち殺したこと、だから自分はここにいられる資格がないと言う三美。

 

 

ハナヨのお陰で仲間が無事でいられた、なら、と自分の罪を告白していると体が固まり話せなくなる三美。

 

 

マサトが能力を使ったのだ。

 

 

そして、それ以上しゃべるなと言うマサト。

 

 

“ハナヨの友達が、みんないるのにさ”、と。

 

 

三美の言葉に殺気立つ像のジンメン達。

 

 

そして三美を口の中に入れていた像のジンメンが三美を噛み殺そうとする。

 

 

他の像ジンメンも問題ない、そもそも博士とマサトを守る以外我々には必要のない人間。

 

 

こいつ一人いなくなった所で問題ない、と噛み殺すことに同意する。

 

 

叫ぶ李。

 

 

噛まれながらも抵抗しない三美。

 

 

自分は皆を助けてくれた恩人を殺した。

 

 

だから自分はこの逃げ場のない状況で罪を告白した。

 

 

自分が審判を下されるのは当然なのだ、と噛み殺される衝撃に備える。

 

 

しかし、いつまでたってもその衝撃は来なかった。

 

 

驚く三美。

 

 

またもやマサトが能力を使い、止めたのだった。

 

 

そして、”両方とも、今傷つけ合う必要はない”、と言うマサト。

 

 

三美がハナヨを殺したことは何となくわかっていた。

 

 

それも、きっと仲間を守るためにやったことだと。

 

 

ミズカガミが発動できたのは確かにハナヨのお陰でもあったけど、三美がいたから、ヒトミもみんなも生きてこられた。

 

 

そして三美があの時助けた吾郷と印藤が、今も自分達を助けてくれている。

 

 

ハナヨは自分の運命を悟って自ら道を選んだ。

 

 

でも、ハナヨの意思は今もここにあって自分達を繋いでくれている。

 

 

すべての命は繋がっていた。

 

 

それを知った今、三美の罪を裁くことなど誰にもできない。

 

 

だから、と。

 

 

“これからもみんなを助けてください。お願いします。”、と言うマサト。

 

 

その言葉を聞き、涙を流す三美。

 

 

そして”うん”、と言った後、”ごめんね・・・”、とハナヨに謝るのだった。

 

 

像のジンメンがハナヨの頭蓋骨を鼻で掴み、サファリに向かう一同。

 

 

三美の事を気にするマサトに”構わん”、と言う像のジンメン。

 

 

“ハナヨの一番の理解者の言葉だ。我々も信じるしかあるまい”、と。

 

 

その言葉に微かに笑みを浮かべて礼を言うマサト。

 

 

すると、一匹の像のジンメンが倒れた。

 

 

どうしたのかと心配する仲間達。

 

 

すると倒れた像のジンメンの奥に、熊のような影を見つけるヒトミ。

 

 

しかし、頭に刺さっている鉄筋を見つけた中田は、以前戦ったグリゴローだと気づく。

 

 

警戒するマサト達。

 

 

そんな中、グリゴローは周囲の匂いを嗅ぎ、なんだか嗅いだことあるニオイだと言って笑うのだった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ジンメン(第131話)の感想!


 

 

今回は三美告白の回でしたね。

 

 

ハナヨを見つめるマサトの場面、マサト、ハナヨにお礼を言っていますが、本当にここまでこれたのはハナヨのお陰ですよね。

 

 

ハナヨがマサトを護り、導かなければ危ない場面も沢山ありました。

 

 

むしろもしもハナヨが完全な敵だったら、マサト達は今、生きていなかったでしょう。

 

 

そんなマサトの言葉に像のジンメンも聞き入っています。

 

 

ハナヨをこれだけ思ってくれる相手の言葉なのですから、悲しみながらも嬉しかったのではないでしょうか?

 

 

しんみりしながらも無事終わりそうだったのですが、ここで三美が衝撃の告白をしました!

 

 

なんと自分がハナヨを撃ち殺したのだと言ってしまいました!

 

 

ヤバイ!これはまずいです!

 

 

この告白を聞いて像のジンメン達、一気に三美に対して殺意をいだき始めました!

 

 

そりゃこんだけハナヨの仲間が居る中で自分がハナヨを殺したなんて言ったらそうなりますよね・・・。

 

 

それでも三美、ここで告白したのは、逃げ場のないこの場所だからこそ、ハナヨを殺した自分が断罪されるのだと、こうなるのを覚悟の上での告白だったようです。

 

 

きっと根は優しい三美ですから、ずっと罪悪感に襲われていたのでしょう。

 

 

だから像のジンメンに噛み殺されそうになっても罰を受けようと反抗せずいるんですね。

 

 

そんな像のジンメンを止めたのもマサトでした!

 

 

マサト、何となく三美がハナヨを殺したのだと気づいていたようです。

 

 

その上で三美のお陰でここまでこれたことを像のジンメンに話しています。

 

 

これには三美、大号泣です!

 

 

一番罪悪感を感じていたマサトに自分のお陰だと言われたら泣きますよね。

 

 

でもこれでやっと三美の心のわだかまりもとれた気がします。

 

 

さて、これで一安心、と思っていたら、最後、なんとグリゴロー再登場です!

 

 

生きていたのにビックリです!

 

 

ここまで順調でしたが、また一波乱ありそうですよね。

 

 

嗅いだことあるにおいとか言っていますし。

 

 

まだまだピンチは続きそうです。

 

 

果たしてマサト達は無事にサファリにつけるのでしょうか?

 

 

次回も見逃せません!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ジンメンを無料で読む方法


 

 

ネタバレもいいですが、やっぱりイラスト付きの方がいいですよね?

 

 

そんなあなたに私がいつも利用している電子書籍を紹介します♪

 

 

しかも!!

 

 

無料で読めちゃうんです!!!

 

 

無料で読むなら私も利用している「U-NEXT」がおすすめ♪

 

 

 

 

→→ U-NEXTをとりあえず覗いてみたい方はこちら

 

 

 

「U-NEXT」はアニメ・ドラマ・映画など、10万本以上の動画配信サービスをしています。

 

 

そんな「U-NEXT」で、実は漫画も読むことができるのです!!

 

 

しかも新規登録から31日間は無料で読めます!!

 

 

31日以内に登録を解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができちゃうんです♪

 

 

私みたいな漫画好きにはたまりませんね(笑)!

 

 

もちろん、利用してそのまま続行していろんな漫画を読むのも良いですよ!

 

 

ただ、最新巻などを読むときはお金がかかってしまいますが、今なら特典で600円分のポイントが貰えますよ。

 

 

とてもお得なので、お試しあれ♪

 

 

気になった方は今すぐ「U-NEXT」「ジンメン」と検索検索♪

 

 

→→ U-NEXTで「ジンメン」を無料で読む