彼女、お借りします(第82話)のネタバレと感想!‐夢心地のデート‐
スポンサーリンク

 

 

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

彼女、お借りします(第81話)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

彼女、お借りします(第82話)のネタバレ!


 

 

体勢を崩した和也の手は水原の胸を掴んでいた。

 

和也が何か言い訳をする前に、水原渾身の平手打ちを喰らった。

 

 

シートに倒れる和也に水原の方が謝る。

 

 

「ごめん。条件反射で」

 

 

――今、右手に丸い物が…

 

 

ちらりと水原を覗き込むと、彼女は窓の外に視線を外していた。

 

 

 

「今日はありがとう」

 

 

 

気まずくなる前に話しを逸らそうと考えた和也は、今日のデートのことのお礼を言う。

 

 

 

「大変だよな、レンカノも。危ない目にあったことねーの」

 

 

 

「無いかな。意外と皆紳士よ」

 

 

 

水原の返答を素っ気ないものだった。

 

 

「けれど、でも…」と続いた。

 

 

 

「お客のお気に入りの写真を見せてもっらた時に、アダルト画面だったことをあった」

 

 

 

――明日は我が身

 

 

和也もそうは成るまいと決意する。

 

 

「まああと水族館で怒鳴られたりとか」

 

 

名前は出さないけれど、明らかに和也のことだと分かるエピソードに、和也の肩身が狭くなる。

 

 

 

「好きよ」

 

 

 

水原の突然の告白に和也は気の抜けた返事をする。

 

 

 

「好き」

 

 

 

もう一度同じ言葉を口にして、和也の顔をみるみる赤くなる。

 

 

 

「いろんな人と会えるのは人間観察にもなるし、色んな所に行けるのは人生経験にもなる」

 

 

 

水原はレンタル彼女をやっていて変化していくお客さんや嬉しかった出来事を懐かしむように大事に話す。

 

 

奥手だった男性に自信が付いて恋人ができたと報告されて嬉しくなったことを話す。

 

 

 

「私は“フリ”だけど、そんな“嘘”が誰かを幸せにするって思えるのは素敵な瞬間」

 

 

 

水原は心の底から笑顔を作って和也に見せる。

 

 

 

「女優の仕事と一緒かなと思ったり思わなかったり」

 

 

 

――やっぱり君は凄いよ。仕事に誇りを持ってて、やりたいことやってて。

 

 

 

――俺のやりたいことって

 

 

 

観覧車を降りた二人にスタッフが先程撮った写真は要りませんかと声を掛けられる。

 

 

水原は1000円はちょっとと断るが、和也は即答で買いますと返す。

 

 

水原とのツーショットを収めた写真をまるで家宝にでも触れるように涙を流す。

 

 

手を繋いで歩く和也に水原は報告があると伝える。

 

 

 

「舞台を観に来ていた別のプロデューサーから声が掛かったの」

 

 

 

今はそっちで稽古中と水原が報告する。

 

 

 

「レンカノ辞めるって話は一応継続するけど、すぐってわけじゃない」

 

 

 

繋いだ手に力が入るほどに和也は嬉しかった。

 

 

“夢のデート”はまるで夢見心地で、不思議なくらい和也の頭の中は彼女の舞台のことで一杯だった。

 

 

それ以外はどうでも良かった。

 

 

 

――水原が夢に近づいた

 

 

 

その日の帰り和也は水原のためにもっと何かできないかと考え始めていた。

 

 

 

 

 

彼女、お借りします(第82話)の感想!

 

 

ラブコメでは王道中の王道である体勢崩して女の子の胸に触るシーンから始まりました。

 

 

観覧車の密室で起きればその後はずっと気まずくなるはずが、今回は和也がすぐに話題を切替えました。

 

 

お金を稼ぐためだけではなく、自分が誰かの役にたっていることが水原の原動力にもなっていました。

 

 

水原と和也の関係だからこそ、水原は彼にだけ話したのだと思います。

 

 

和也の青春を謳歌するデートは成功と言ってもいいかもしれません。

 

 

きっと和也はこの先もこの日のことを忘れることはないと思います。

 

 

次回も見逃せません!

 

 

スポンサーリンク