生徒会役員共 499話-500話 ネタバレと感想-祝連載500回-

マガジン

生徒会役員共 499話-500話 ネタバレ


 

 

祝500回記念ということで、今回は一挙2話掲載されてます!

 

 

まずは499話、テーマは火の用心。

 

 

冬は乾燥の季節ということで近所の防火パトロールをすることになった生徒役員たち。

 

スズのお母さんも参加しますが、怠け者のコトミはタカトシ宛に「みんなガンバ☆」とメッセージを送る。

 

 

そこへすかさずシノが「炎上するかも」と心配するが、さらっと「大丈夫ですよ、たぶん」と返す津田。

 

 

町内を見回りしているとスズのお母さんがグループの拍子木が見当たらないと言ってくる。

 

 

他の物で代用をしようと提案するアリア。

 

 

身につけてきた木製洗濯ばさみを活用しようとするアリアだった。

 

 

 

冷たい風の中、見回りをする生徒会役員たち。

 

 

「さ、寒いっ」とタカトシ。

 

 

シノは「このくらい我慢我慢」と言い、さらには「ボヤを見つけたらすぐ消せるようにお小水我慢しているんだぞっ」と打ち明けるシノ。

 

 

すかさず「トイレ行ってきなさい」とつっこまれるシノだった。

 

 

パトロールも終わり、みんなで銭湯で冷えた身体を温めようと提案するスズの母。

 

 

そして裸のつき合いで心の距離を縮めようとするも、スズの母は熱い湯に入り、他はぬるめの湯に入ったため、世代の壁を感じるスズの母であった。

 

 

次に500話、テーマはクリスマスのイルミネーション。

 

 

アリアの家で皆でイルミネーションを作ろうと押しかける生徒会役員たち。

 

 

枝に電飾のコードをひっかけることをサヤカにアドバイスを受けるも、パンストにまで枝にひっかけてしまうアリア。

 

 

それを見たサヤカは鼻血を出してしまう。

 

 

「コードが絡まると一苦労。」と絡まった電飾を解くスズ。

 

 

そこへ追加でアリアが箱に入れた電飾を持ってくる。

 

 

しかし運ぶところでアリアがこけてしまい、シノやミズに電飾が絡まりタカトシが解くはめに。

 

 

そうこうしていると雪が降ってきて、空を見上げる生徒役員たち。

 

 

サヤカも空を見上げるが、緊縛姿を見ていたら鼻血が出ると訴える。

 

 

解くのを手伝ってとすかさずタカトシがつっこむ。

 

 

夜になってシノにクリスマスの予定を聞くタカトシ。

 

 

告白かとびっくりしたが、「皆でクリスマスパーティーをやりましょう」と言われ、「だよね!!」と戸惑いながらも返事する会長シノだった。

 

 

生徒会役員共 499話-500話 感想


 

 

今回は500話を祝って、巻頭カラーでした。

 

 

500話になっても相変わらずの生徒会役員たちでした。

 

 

最後はタカトシがシノに告白するのかなという展開でしたが、お預けみたいです。

 

 

500話記念であるのかなとも期待しましたが、そうでもないみたいですね。

 

 

次回はクリスマスパーティー編みたいなので、楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました