ゴールデンカムイ(第191話)のネタバレと感想!-思わぬ再会!?そして北海道では温泉タイム?-

ヤングジャンプ
スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

ゴールデンカムイ(第190話)

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

ゴールデンカムイ(第191話)のネタバレ!


 

 

キロランケを看取ったアシリパ達は、氷の下に遺体を埋葬する。

 

 

氷を持った白石が呟く。

 

“この流水はアムール川の水が河口で凍ったものなんだって・・・キロちゃんが教えてくれた。”、と。

 

 

そして、キロランケの顔に触れながら、”真面目すぎる男だったんだよキロちゃんはさ・・・!!”と哀しそうに言う白石。

 

 

キロランケを見つめて、どうして父が死ななければならなかったのか、本人から聞きたかったと言うアシリパ。

 

 

すると、”インカラマッは、「ウイルクが変わってしまい仲間を裏切った」とキロランケ本人から聞いた”、と言う谷垣。

 

 

その話にやはり父が殺したのか、と言うアシリパ。

 

 

しかし、ウイルクが撃たれる直前、「アイヌを殺したのは自分じゃない」と言ったと話す杉元。

 

 

どちらが正しいのか、判断できず、考え込むアシリパ。

 

 

すると、ソフィアがいないことに気づく。

 

 

どこへ行ったか、近くにいるはずだと辺りを見回すアシリパ。

 

 

すると、首に怪我を負った月島が座り込んでしまう。

 

 

急いで亜港に引き返すと言って谷垣に背負えるかと尋ねる鯉登。

 

 

一方、ソフィアを探すアシリパと杉元。

 

 

“ソフィアはキロランケニシパと監獄で沢山文通をしていた。全てを知っているかもしれない”、と考えるアシリパ。

 

 

望遠鏡で覗く杉元は、遠くに灯台の娘を見つける。

 

 

そして人影も。

 

 

そんなアシリパに、自分達は彼女を確保するために来たと言う鯉登。

 

 

杉元も我々に協力する取引をしている、と。

 

 

そして許可なしに離れないように指示をする。

 

 

しかし、鯉登の言葉を無視し、”ちょっと見てくる”、と言って人影の方にいくアシリパ。

 

 

俺も、と杉元も付いていく。

 

 

初対面で無視される鯉登だった。

 

 

人影に近づくアシリパ達。

 

 

すると、なにやら揉めているようだった。

 

 

隠れてその様子を見ると、3人の男が何故か殴りあいをしていた。

 

 

その内の一人が振り返る。

 

 

その人物は、以前杉元と殴り愛をした岩息だった。

 

 

杉元に気づき、声をかけながら近寄ってくる岩息。

 

 

“見なかったことにしよう”と言う杉元だった。

 

 

そして何故か岩息が月島を運ぶことになり、月島を抱える岩息。

 

 

どうやら杉元達と同じ道筋で北上していたらしい。

 

 

キロランケに別れを告げる白石。

 

 

去りながらキロランケを見つめるアシリパに、”コイツら亜港まで運んだらまたソフィアを探しにこようか?”と提案する杉元。

 

 

しかし、ソフィアとはまた会える、自分を探しに来る、と言うアシリパ。

 

 

そんなアシリパに、預かっていたマキリを返す杉元。

 

 

礼を言って受けとるアシリパ。

 

 

そして北海道への帰路につくのだった。

 

 

一方、ソフィアは、キロランケを埋葬した場所にいた。

 

 

キロランケの顔を見ながら、”忘れないわ”、と言って別れを告げるソフィア。

 

 

その頃、日本、北海道の登別地獄谷・登別温泉名物「滝の湯」で、二階堂・宇佐美が湯治をしていた。

 

 

そんな二人に、菊田特務曹長が話しかけてきた。

 

 

菊田は有古一等兵の変な話を話始める。

 

 

“昨日の夜、ここよりもっと山の奥の温泉に妙な男にあったそうだ”。真っ暗な雪山を明かりもつけずに下駄で逃げていったらしい。変な話だろ?”、と。

 

 

スポンサーリンク

 

 

[ad02]

 

 

ゴールデンカムイ(第191話)の感想!


 

 

キロランケ、遂に死んでしまいました。

 

 

最後は敵対したとはいえ、旅の道中、色々支えてくれていたのを思い出して、しんみりした気持ちになりました。

 

 

そして最後までアシリパの父を撃った理由を話しませんでしたね。

 

 

アシリパの父とキロランケ、互いに意見が違うんですよね。

 

 

アシリパの悩みは残ったままです。

 

 

アシリパが人影を見てくると言う場面、アシリパ、鯉登の静止を華麗にスルーしています。

 

 

初対面から舐められる鯉登、白石爆笑してますが、私も笑ってしまいました。

 

 

杉本もアシリパに着いていってますし。

 

 

まあ杉本はアシリパ>>>その他なんで鯉登をスルーしてもおかしくないですけど。

 

 

そして人影を見る場面、そこにいたのは以前杉本達と殴り愛をした岩息でした!

 

 

相変わらず暑苦しいくらいテンション高いです。

 

 

そして岩息に運ばれることになった月島ですが、まさかのお姫様だっこに吹き出してしまいました。

 

 

この時の月島の顔、何とも言えないんですよね。

 

 

そしてアシリパにマキリを返す、これでやっと元の二人に戻ったように感じました。

 

 

やっぱりこの二人が一緒にいないと違和感あります。

 

 

一方、二階堂たちが温泉にいる場面、謎の男が現れた!と気になる話をしていますが、また新たな登場人物がでできそうですよね。

 

 

アシリパ達も北海道に向かって帰路に着いたので、この謎の男と関わっていくのでしょうか?

 

 

楽しみですね!

 

 

次回も見逃せません!

 

 

スポンサーリンク

[ad03] [ad-pc2][ad03][/ad-pc2]
タイトルとURLをコピーしました