古見さんは、コミュ症です。(第184話)のネタバレと感想!-友達と田舎遊び!-
スポンサーリンク

 

 

 

 

前回のネタバレはこちら

↓↓↓

 

古見さんは、コミュ症です。(第183話)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

古見さんは、コミュ症です。(第184話)のネタバレ!


 

 

無事にお祖母ちゃんの家に着いた古見さんと笑介君。

 

 

玄関では叔母と晶ちゃんが出迎えてくれていた。

 

しかし、叔母の背に隠れたまま出てこない晶ちゃん。

 

 

どうやら照れているようだ。

 

 

古見さんに送ったメールも、大丈夫かどうか、何十回も相談したらしい。

 

 

叔母からその話を聞き、かわいい奴め、と思う古見さん。

 

 

お互いに見つめあう古見さんと晶ちゃん、しかしお互い照れてしまい、中々言葉が出てこない。

 

 

そんな状況を破ったのは晶ちゃんからだった。

“硝子ちゃん。ひさしぶり。あの・・・早く来てくれてありがとうね。”、と挨拶をする晶ちゃん。

 

 

しかし、我慢の限界だったのか、唐突に古見さんに抱き着く晶ちゃん。

 

 

“し、硝子ちゃんのに、匂いがす、する・・・”、と興奮した様子で変態発言をする晶ちゃんに驚く古見さんだった。

 

 

お祖母ちゃんに挨拶をし、二人きりになった。

 

 

すると、晶ちゃんが遊ぼうと提案してきた。

 

 

色んな案を出す晶ちゃん。

 

 

古見さん的にはOKだったが、晶ちゃん的には鬼ごっこやかくれんぼは子供っぽくてだめ。

 

 

デパートに行こうとするも、ここからは遠すぎていけない。

 

 

裏山に池があることを思い出すも、そこでなにをするか思い付かない。

 

 

良い案が思いつかず、田舎を嘆き悲しむ晶ちゃん。

 

 

そんな晶ちゃんを慰めていると、”こみの婆さまいるべかー?うちで茄子取れたから持ってけってばあちゃがー。”と言って誰かが家に勝手に入ってきた。

 

 

それは古見さんと同じ学校の井中ちゃん。

 

 

驚く古見さんに気づき、絶叫する井中ちゃん。

 

 

その後、この家のこみが古見だとわかり、納得する。

 

 

知り合いかと尋ねるお祖母ちゃんに学校が同じで良くしてもらっていると答える井中ちゃん。

 

 

そんな井中ちゃんを見て、いつもと違うと驚いている古見さん。

 

 

すると、”この子たちが暇してるんだ。ちょっと遊んでやってくれないかい?”、と言うお祖母ちゃん。

 

 

動揺を隠せない井中ちゃん。

 

 

“してぃがーるたち”と何して遊んだらいいのか、見当がつかない、と。

 

 

“この状況・・・まるでお姫様の相手を一日任された農民のようだべ・・・!楽しませられなかったら・・・市中引き回しのうえ打首獄門・・・!!”、と勝手に想像し、怯えた後、やるしかない、と決意した井中ちゃんは古見さん達と外に出ることに。

 

 

外に出た3人。

 

 

井中ちゃんはいつも自分がしてる遊びを見せても引かれるだけだと悩んでいた。

 

 

そして、なぜか晶ちゃんが睨んでくると感じてた。

 

 

とにかく場を和ませようと、”ほ、ほれ。手裏剣だべよ~”、と言ってイヌマキの葉を使って手裏剣を作って見せる井中ちゃん。

 

 

すると、すごい、どうやって作ったのかと目を輝かせる二人。

 

 

作り方を教えてもらい、自分で手裏剣を作り、満足そうな二人。

 

 

その後も、ねこじゃらしやオシロイバナで遊ぶ3人。

 

 

サワガニやキノコなどを見つけ、古見さん達に教える井中ちゃん。

 

 

その頃には井中ちゃんの緊張も無くなってきていた。

 

 

遊んでいる途中、良い竹を見つけた井中ちゃんは、竹で釣竿を作り、川で魚釣りをしようと提案する。

 

 

どこからかノコギリを出し、竹を切った後、手際よく釣竿を作った井中ちゃん。

 

 

作った釣竿で早速魚釣りを始める。

 

 

最初に釣れたのは井中ちゃん。

 

 

それを見てやる気になった古見さん達。

 

 

しかし二人は夕方になっても一匹も釣ることが出来なかった。

 

 

こんな日もあるとフォローする井中ちゃんだが、既に9匹も釣っていた。

 

 

”打首獄門”が頭をよぎり、震える井中ちゃん。

 

 

すると、井中ちゃんに”楽しかった”、と満面の笑みで言う晶ちゃんと頷く古見さん。

 

 

そんな二人を見て、”わだすも楽しかっだ”と笑う井中ちゃんだった。

 

 

沢山遊んだ帰り道。

 

 

“ほいだば明日は朝四時にクワガタ取りにいくべか。”と提案する井中ちゃんに驚く古見さん達だった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

古見さんは、コミュ症です。(第184話)の感想!


 

 

無事、お祖母ちゃんの家に着けた古見さん達の場面、出迎えの晶ちゃん、隠れています。

 

 

緊張しているようで、しかも古見さんに送ったメールも何度も大丈夫か確認したようです。

 

 

なにこの子、可愛すぎです!

 

 

そりゃ古見さんも可愛がりますよね!

 

 

そのあとの抱きつく場面での変貌ぶりには驚きましたが。

 

 

お祖母ちゃんへの挨拶も終わり、遊ぶことになった古見さん達の場面、色々案を出す晶ちゃんですが良い案が出てきません。

 

 

本当に田舎あるあるなのですが周りに遊ぶ所がないんですよね。

 

 

すると誰かがやって来ました。

 

 

田舎あるある、勝手に入ってくるです。

 

 

都会だと不法侵入ですが田舎だとわりかしOKです。

 

 

留守でも鍵をかけない家もありますよね。

 

 

それだけ平和と言うことなのでしょうが。

 

 

入ってきたのは古見さんの同級生、井中ちゃんでした!

 

 

古見さん、いつもと違う井中ちゃんに驚いています。

 

 

井中ちゃん、方言がでないよう普段めっちゃ気を付けて話してますもんね。

 

 

一方、古見さん達と遊んでほしいと頼まれた井中ちゃんですが、彼女の中の古見さんのイメージに笑ってしまいました。

 

 

高嶺の花と言うかお姫様と言うか、とにかくつっこみ満載です。

 

 

打ち首獄門て、いつの時代の刑法なのでしょう?

 

 

なんやかんやで遊びに出た3人の場面、井中ちゃん目線と本来の晶ちゃんの姿が違いすぎます。

 

 

晶ちゃん、恥ずかしがってるだけだと思うんですけど。

 

 

なんとかしようと井中ちゃん、葉っぱで手裏剣を作りました。

 

 

簡単だと言っていますが、作り方をみると意外と難しそうです。

 

 

その後も猫じゃらしや花のパラシュートなど色んな遊びを教える井中ちゃんです。

 

 

遊びを教えてもらってる古見さん達、テンション上がりっぱなしです。

 

 

しかも井中ちゃん、釣竿まで作ってしまいました!ハイスペック過ぎます。

 

 

それにしてもノコギリ、どこに隠していたんでしょう。

 

 

釣りを始める古見さん達、しかし古見さんと晶ちゃん、一匹もつれませんでした!

 

 

隣で9匹も釣った井中ちゃんは物凄く気まずかかったことでしょう。

 

 

でも古見さんも晶ちゃんも楽しかったようです。

 

 

それに勿論井中ちゃんも。

 

 

そしてすっかり素に戻った井中ちゃん、クワガタを取りに行くかと提案していますがまさかの朝の4時!、クワガタの習性からしてこの時間にいくのは間違ってはないんですけどね・・・。

 

 

さて、今回は古見さんと井中ちゃんの関係がギュッと縮まったお話でした!

 

 

後、井中ちゃんのハイスペックも知ることができましたし。

 

 

次回も楽しみです!

 

 

スポンサーリンク